logo

ガジェット

【保存版】Smoozの使い方や超便利な設定を紹介【グラブル注意点あり】

[最終更新日]

【保存版】Smoozの使い方や超便利な設定を紹介【グラブル注意点あり】

Smooz(スムーズ)ブラウザの便利な使い方や設定を知りたい!

Smoozブラウザアプリって、めちゃくちゃ使い勝手の良い神アプリですよね。

Smoozは、頻繁にアップデートをして新機能が追加されたり、様々な設定項目があるため、どんな使い方ができるか気になると思います。

そこで今回は、Smoozを何年も使っている僕が、Smoozの超便利な使い方やおすすめの設定を徹底解説していきます!

※『グラブル』をSmoozでやっている人、やろうとしている人は、必ず『【注意点】Smooz(スムーズ)で『グラブル』をする場合について(※ページ内リンク)』を読んでください。

ちなみに、Smooz(スムーズ)ってなに?という人は、『ブラウザアプリは『Smooz』以外考えられない!ネット検索が爆速になる!』の方を先に読んでみてください。

\ iPhoneを公式ショップで確認 /

Smooz(スムーズ)の便利な使い方1:『詳細設定』を設定する

Smooz(スムーズ)の便利な使い方1:『詳細設定』を設定する

Smooz(スムーズ)をダウンロードしたら、まず『詳細設定』の項目を設定しましょう。

詳細設定の項目では、表示の設定やスクロール設定、タブの管理方法などを設定することができます。

この項目をしっかり設定することで、使いやすさが格段に向上します

僕の詳細設定を紹介しつつ、わかりにくい項目については、簡単に解説していきますね。

設定方法

画面右下にあるアイコンから『設定サポート』アイコンをタップ→『詳細設定』をタップします。

詳細設定例

僕の詳細設定は下図になりますので、参考になれば幸いです。

『表示』と『動画再生』の設定

表示と動画再生の設定については、下記のようにしています。

Smoos:表示と動画再生の設定

『スクロール』の設定

スクロールの設定については、下記のようにしています。

Smoos:スクロールの設定

『タブ』の設定

タブの設定については、下記のようにしています。

Smoos:タブの設定

フィードタブ:オン

フィードタブは、AIがユーザーのページ閲覧に基づいて、おすすめの記事や人気の記事をフィードタブ内に表示してくれる機能になります。

※フィードタブは、タブの一番左にあります

情報収集に便利なので、僕はオンにしています。

ページ下におすすめ記事・コメントを表示:ともにオフ

ページ下のおすすめ記事やコメントを表示する項目は、他の利用者のコメントやおすすめ記事が表示される機能になります。

例えば、Wikiなどのまとめページ(ソシャゲwikiなど)をよく利用する人なら、ユーザー側が補足のコメントをしたり、おすすめの記事から色んな情報を得られるのでオンにしてもいいですね。

データ量節約モード(画像非表示):オフ

データ量節約モード(画像非表示)をオンにすると、ページの表示速度や通信量を削減できる代わりに、ページ内の画像が全て非表示になります。

表示速度や通信量の削減の効果を期待できますが、画像がないことによる表示崩れ(リンクボタンが画像の場合など)が起こります。

そのため、文章がメインのサイト(小説系サイトやnote、ニュースサイトなど)で使用するのにとどめておいたほうがいいですね。

また、ジェスチャー機能により、一時的にオン・オフ設定が可能です。

動画のバックグラウンド再生:オフ

動画のバックグラウンド再生機能は、動画をバックグラウンドで再生するかどうかを設定できます。

設定をオンにすることで、Youtubeの音楽をバックグラウンド再生で聴きながら、ネット閲覧などの他のことができるようになります。

ただし、この機能は有料なので、どうしても使いたい場合は有料プランをご利用ください。

僕はバックグラウンド再生を利用しないのでオフにしています。

高速スクロール:オン

高速スクロールは、スクロールする際にスクロール量とスピードが高速化される機能です。

オフだとめっちゃゆっくりなので、オン推奨です。

スクローラー:表示

スクローラーをオンにすることで、モバイル端末でも、パソコン用ブラウザのようにスクロールできるようになります(パソコン用ブラウザの右側にあるスクロールバーのような用途)。

スクローラーアイコンを押しながら指を上下するだけで、画面を移動してくれます。

基本的に邪魔にならない(あまり目立たない)ので、とりあえず表示しておくといいですね。

利き腕によって左 or 右に設定してみてください

ステータスバー:表示

ステータスバーとは、画面上部にある『時間や電池残量がある領域』のことを言います。

この部分を表示するかどうかの設定を行えます。

非表示にすると、ブラウザの画面領域を少しでも広く使えるようになるので、好みに合わせて設定してみてください。

タブバー:表示

タブバーは、画面上部にある『タブが並んだ領域』のことを言います。

タブバーはSmoozの目玉機能のひとつなので表示推奨ですが、『高速タブ切り替え(※後述します)』の方だけ使っている人なら非表示でもいいですね。

この設定を非表示にすることで、少しでもブラウザの画面領域を広く使えるようになります。

アドレスバー:表示

アドレスバーとは、画面上部にある『URLが表示されている領域』のことを言います。

この部分を非表示にすることで、ブラウザ画面を広く使えるようになります。

現在のページURLを知りたいときや、右端にある更新ボタン(リロードボタン)を使いたいときは、表示しておきましょう。

ちなみに、URLをコピーしたいときは、メニューにある『URLをコピー』でコピーできます。

ツールバー:表示

ツールバーとは、画面下にある検索アイコンなどが並んでいる領域のことを言います。

『スクロール時に縮小』にすることで、スクロール時にツールバーを非表示にできますが、基本的に『表示』のままでいいですね。

タブの自動整理:オフ

タブが開かれてから一定時間経過したときに、自動的にタブが閉じられる機能になります(※閉じられたタブは、『タブの管理画面』から復元できます)。

不要なタブは自分で消せばいいので、基本的にはオフでいいと思います。

とはいえ、ついついタブを量産してしまう人や、いちいちタブを消すのがめんどくさい人は、オンにしてもいいですね。

新しく開いたタブにすぐ移動:オフ

新しいタブが開いたときに、『すぐに開いたタブに移動するかどうかを設定』ができます。

ちなみに、ツールバーにある検索アイコンから検索する場合は、設定をオフにしていても自動で新しいタブに移動します。

タブを開いたらキーボードを自動で開く:オン

この機能をオンにすることで、検索タブの画面で、『検索ボックスに自動的にフォーカスが合った状態でキーボード文字入力をする』ことができます。

他のブラウザアプリですと、いちいち検索ボックスをタップしないとキーボードが出現しませんよね。

この設定をオンにすることで、ワンクッション挟むことなくすぐに文字入力ができるので、かなり便利です。

Smoozの強みのひとつなので、オン推奨です

横スワイプでタブを移動:オフ

横にスワイプすることで、タブ間を移動できます。

ですが、操作中にうっかり隣のタブに移動したりと、誤操作してしまうことがあったため、僕はオフにしています。

後述する『ジェスチャー機能』を使用する人は、誤操作にならないようにオフにしたほうがいいですね。

ちなみに、2018年12月のアップデートから、『高速タブ切り替え機能』が実装されました。

高速タブ切り替え機能により、検索アイコンをスライドすれば他のタブに移動できるので、この項目はオフでもいいかなと思います。

画面の端から横スワイプして戻る:オフ

画面の左端から横スワイプすることで、『前の画面に戻る』ことができます。

※右端から横スワイプすると『次の画面に進む』ことができます

この機能も、ジェスチャーなどで画面操作中に誤って前の画面に戻ったりしたので、今はオフにしています。

その代わり、ツールバーのところに『戻る・進む』アイコンを設定しています。

高速タブ切り替え:オン

この機能をオンにすると、ツールバーの検索アイコンを長押ししたときに、『タブ間を移動する』ことができます。

この機能はオン超推奨です。

オンにすることで、検索アイコンをスライドして指を離すだけで、選択したタブに移動できます。

オフだと、一度指を離してから再度タップする動作が必要になるため、オンを推奨します。

この機能があまりに便利すぎて、もう他のブラウザアプリには戻れません

下に引っ張って再読み込み:オフ

ページトップの状態で指で下にスワイプすると、『ページが再読込』されます。

ページトップじゃないと機能しないのと、アドレスバーやツールバーに再読み込みボタンを設定できるため、オンにしなくてもいいかなと思います。

Smooz(スムーズ)の便利な使い方2:メニューとツールバーをカスタマイズ

Smooz(スムーズ)の便利な使い方2:メニューをカスタマイズ

ここでは、ツールバー(画面下にある部分)をカスタマイズする設定を紹介します。

🔻タブレットだと検索アイコン以外に6つまで設定できる
Smoos:タブレットだと検索アイコン以外に6つまで設定できる

上のキャプチャのように、真ん中の検索アイコン以外に、4つの機能(タブレットだと6つまで)をツールバーに割り当てることができます。

設定方法

画面右下にあるアイコンから『設定サポート』アイコンをタップ→『メニュー』をタップします。

設定中はアイコンがうねうね動いているので、アイコンをドラッグ&ドロップして移動させます。

自分がよく使う機能をメニューやツールバーに配置して、使いやすくしていきましょう

ツールバーに設定できる機能について、一部補足しますね。

シェア

シェアは、『ページを他のアプリにシェアする』ことができます。

Smoozで検索して気になったページを、Evernoteなどに保存できるので便利ですね。

ゲームモード切替

ゲームモード切替は、『画面をゲームモード用に切り替える』ことができます。

ゲームモード用も、通常と同じ用にジェスチャーやメニュー設定ができるので、ブラウザゲームをするとき用にカスタマイズしてみてください。

※ゲームモードとはいっても、普通にサイトの閲覧もできます。あくまで、ブラウザゲームをするときに違う画面設定を行いたい人向けの機能です

2画面

2画面は、『ブラウザ画面を2分割にする』ことができます。

例えば上画面で動画を閲覧し、下画面で調べ物をする、といった使い方ができますね。

めちゃくちゃ便利な機能ですが、2画面は有料版のみ使用できます(無料版だと回数制限あり)。

有料プランでないと利用できないので、注意が必要です。

ページ全体をスクショ

ページ全体をスクショは、文字通り『ページの一番上から下までスクショしてくれる機能』になります。

スマホのブラウザアプリでページ全体をスクショできるのは珍しいので、ぜひ活用していきましょう!

ページ内検索

ページ内検索は、パソコンで言う『Ctrl+F(command+F)』でページを検索するのと同等の機能になります。

ページ内の知りたいキーワードを探すときに大変便利ですね。

プライベートモード

プライベートモードは、『セキュリティを高めてネットを閲覧する』ことができます。

履歴などを残さないので、検索履歴を残さずにすみ、パスワードなどのプライバシーを保護できます。

パソコン版

パソコン版は、『パソコン用のサイトを表示させる機能』です。

サイトによってはモバイル用とパソコン用とで表示が異なるので、パソコン版の画面を見たい人はこのアイコンで切り替えましょう。

動画をダウンロード

Smooz(スムーズ)ブラウザで、『動画をダウンロード』することができます。

ダウンロードしたい動画に対して長押しすることで、『ダウンロードor動画のURLをコピー』を行うことができます。

ただし、Youtubeなどのサイトではダウンロードできません。

広告ブロック

広告ブロック機能は、『サイトに貼られている広告を非表示にできる機能』になります。

広告を非表示にすることで、ページの読み込み速度も上がります。

ただしこの機能は、プレミアム(有料プラン)でのみ使用することができます。

Smooz(スムーズ)の便利な使い方3:ジェスチャーを設定する

ジェスチャー機能が使えるのも、Smooz(スムーズ)の魅力のひとつです。

ジェスチャーは、指を↑→などに動かすだけで、様々なコマンドを実行できるようになります。

無料版ですと5つのジェスチャーまで設定することができ、有料プランになると、さらに追加で設定できるようになります。

使用できるコマンドは、下記になります。

  • 進む or 戻る
  • 再読み込み
  • ページの先頭に移動
  • ページの末尾に移動
  • タブを閉じる or 開く
  • すべてのタブを閉じる
  • 直前に閉じたタブを復元
  • 右 or 左のタブに移動
  • ジェスチャーを無効
  • このタブの実行を継続
  • フィードタブに飛ぶ
  • タブの管理を開く
  • 特定のページを開く
  • コピーしたURLを開く
  • URLをコピー
  • ブックマークを開く
  • シェアをする
  • ページ内検索
  • ページの翻訳
  • みんなのコメントを見る
  • プライベートモード切替
  • ゲームモード切替
  • パソコン番を表示
  • 2画面
  • フルスクリーン表示
  • ページ全体をスクショ
  • データ量節約モード(画像非表示)

ジェスチャーの設定方法は次のようになります。

設定方法

画面右下にあるアイコンから『設定サポート』アイコンをタップ→『ジェスチャー』をタップします。

ジェスチャー機能の割り当てについては、個々の好みになりますので、自分の使いやすい設定にしていただければと思います。

下図は僕の設定になります。

Smooz(スムーズ)のジェスチャー設定

ジェスチャー機能を使うときは、横スワイプでタブを移動したり、ページを戻ったりする機能はオフにしたほうが誤操作を回避できます。

Smooz(スムーズ)の便利な使い方4:『着せ替え』で外見をカスタマイズ

Smooz(スムーズ)の便利な使い方4:『着せ替え』で外見をカスタマイズ

smooz(スムーズ)は、ブラウザのデザインやロゴを変更することができます。

プレミアム(有料版)になることで、変更できるデザインが増えますが、バリエーションはそこまで多くありません。

設定方法

画面右下にあるアイコンから『設定サポート』アイコンをタップ→『着せ替え』をタップします。

着せ替えでは、次のデザインを変更できます。

  • テーマ
    ▶タブのデザインや背景色が5パターンの中から変更できます
  • 壁紙
    ▶検索画面の背景部分を変更できます。壁紙は数パターンあり、自分が撮影した写真なども設定できます
  • アイコン
    ▶Smooz(スムーズ)のアイコンデザインを変更できます。スマホのホーム画面用で好みに合わせて設定してみてください

Smooz(スムーズ)の便利な使い方5:広告をブロック(プレミアムのみ)

Smooz(スムーズ)の便利な使い方5:広告をブロック(プレミアムのみ)

プレミアム(有料版)のみ、ウェブサイトの広告をブロック(非表示)できます。

ウェブサイト内の広告をブロックすることで、ページ内の読み込みも軽くなるので、プレミアムユーザーでしたら設定することをおすすめします。

設定方法

画面右下にあるアイコンから『設定サポート』アイコンをタップ→『広告ブロック』をタップします。

右側のトグルに色がつけば、オンの状態になります。

Smooz(スムーズ)の便利な使い方6:入力サポートを活用する

Smooz(スムーズ)の便利な使い方6:入力サポートを活用する

入力サポートを設定することで、フォームに入力する単語を登録したり、IDやパスワードを保存したりできます。

事前に登録しておくことで、お問合せフォームですぐに入力を済ませられるようになります。

色んな通販サイトや申込みをする人は、入力の手間が省けるので、ぜひ設定していきましょう。

設定方法

画面右下にあるアイコンから『設定サポート』アイコンをタップ→『入力サポート』をタップします。

下図のように、氏名や住所、クレジットカードなどを自動入力できます。

Smoozの入力サポート

※画像出典:Smooz Blog

他にも下図のように単語登録ができます。

🔻設定サポート▶入力サポート▶登録した文字から、登録したい文字を登録していく
Smoos:設定サポート▶入力サポート▶登録した文字から、登録したい文字を登録していく

🔻フォーム入力のときに、登録しておいた文字を1タップで入力できるようになる
Smoos:フォーム入力のときに、登録しておいた文字を1タップで入力できるようになる

このように、フォームでよく使用するワードを登録しておき、すぐに出てくるように設定してみてください。

Smooz(スムーズ)の便利な使い方7:ダークモードを利用する

Smooz(スムーズ)の便利な使い方7:ダークモードを利用する

Smoozはダークモードに対応しています。

設定方法(iOS / iPadOS)

  • 『設定アプリ』をタップ
  • 『画面表示と明るさ』をタップ
  • 『外観モード』をダークにチェックを入れる

注意点としては、『着せ替え』機能でテーマをポップなどに設定してもカラフルにはなりません。

ダークモードにすることで目の負担を軽減したり、バッテリーの消費量を抑えるといった効果がありますので、必要位応じて活用していきましょう。

Smooz(スムーズ)の便利な使い方8:プレミアムサービスを利用する

Smooz(スムーズ)の便利な使い方8:プレミアムサービスを利用する

Smooz(スムーズ)のプレミアムサービスは有料なのですが、無料版にはない様々な機能を使うことができます。

プレミアム機能は下記になります。

  • ウェブサイト内の広告をブロックできる
  • プレミアムジェスチャー(ジェスチャー機能を5つ追加)を利用できる
  • 二画面機能の使用回数が無制限になる
  • 動画をバックグラウンド再生できる
  • かざして検索機能の使用回数が無制限になる
  • Smoozのロゴやアプリアイコンをプレミアム仕様に変更できる

広告ブロックと2画面機能が使いたいという人は、プレミアムにするのがおすすめですね。

ちなみにプレミアム版は、友達を招待したり、Smoozをツイッターで紹介することで、1ヶ月間無料で試すことができます。

1ヶ月間試してみて、プレミアムにするか判断してみてください。

プレミアムの価格は?

プレミアム(有料版)の価格は下記になります。

※買い切りではなく、月額制なので注意

  • 1ヶ月:380円
  • 3ヶ月:880円(1ヶ月293円)
  • 12ヶ月:3,300円(1ヶ月275円)

12ヶ月プランが1ヶ月あたり275円なので、一番割安になりますね。

どのプランも1週間の無料体験がついており、お試し期間終了後に課金されます。

設定方法

画面右下にあるアイコンから『設定サポート』アイコンをタップ→『プレミアムサービス』をタップ→『プレミアムサービス詳細・申し込み』をタップします。

1ヶ月・3ヶ月・12ヶ月プランの中から選んで、『1週間無料でお試し』ボタンを押すと実行されます。

【注意点】Smooz(スムーズ)で『グラブル』をする場合について

【注意点】Smooz(スムーズ)で『グラブル』をする場合について

最後に、Smooz(スムーズ)で『グラブル』をするときの注意点があります。

Smoozブラウザアプリは、グラブル公式の推奨環境ではありません。

Smoozでグラブルをすると、垢BANもしくは警告を受ける可能性があるようです。

※Twitterなどで調べてみると、『誤BAN』、『別のツールの併用でBANされた』といった話もあるので、Smooz自体が悪いわけではないかもしれません

Smoozは、グラブルをするのに非常に便利で処理も早いので、僕がグラブルをしていた頃はSmoozで周回していました。

ジェスチャー機能で『特定のページを開く』は周回が捗りましたね

ちなみに僕は、無料10連とかがあるときだけログインしていますが、Smoozでガチャを引いても(今の所は)BANになっていません。

とはいえ自己責任なので、BANされる可能性があるということを念頭に置いた上で、グラブルをするようにしてください。

Smoozの代わりに、公式からリリースされている、グラブルに特化したブラウザアプリ『SkyLeap』があるので、グラブルをするときはそちらを使用したほうがいいかもしれません。

Smoozの動作が重たい(遅い)ときは?

Smoozの動作が重たい(遅い)ときは?

Smoozを使っていて、動作が重たい(遅い)と感じたら、次のことを試してみてください。

  • バックグラウンドアプリを停止する
  • スマホを再起動する
  • 通信速度を確認する
  • スマホのスペック(推奨環境)を確認する

バックグラウンドアプリを停止する

バックグラウンドアプリが多いと、その分だけメモリの確保領域が減ってしまい、Smoozも重たくなります。

使っていないバックグラウンドアプリを停止させることで、Smoozを使用するための作業領域を確保することができます。

動きが遅いと感じたら、まずバックグラウンドアプリを停止させてみてください。

スマホを再起動する

スマホは、ずっと起動していると動作が重くなることがあります。

バックグラウンドアプリを停止させても変わらないのであれば、スマホを再起動してみてください。

パソコンと同じで、OSを再起動することで動作が改善することがあります。

通信速度を確認する

スマホやアプリが重いのではなく、通信速度が遅い可能性があります。

通信速度が低いと読み込みが遅くなるため、重いと感じてしまうのですね。

  • フリーWi-Fi(無料で使えるWi-Fiスポット)
  • 混雑している場所
  • 共用回線(マンションや職場など)
  • 混雑する時間帯(昼の12時~13時、夜の22時~24時など)
  • 田舎
  • 使用量がオーバーしている

上記のような場合は、通信速度が大きく低下する場合があります。

通信が安定する場所に移動したり、『BIGLOBE WiMAX 2+』を契約するなどして、対策していきましょう。

WiMAXなら外出先だけでなく、自宅で固定回線代わりにもなります。

通信速度が遅ければ、月々3,980円で使い放題の『BIGLOBE WiMAX 2+』を利用してみてください。

スマホのスペック(推奨環境)を確認する

バックグラウンドアプリを停止させたり、スマホを再起動したり、通信環境が良いところでも動作が改善しない場合は、スマホ自体のスペックが低い可能性が高いです。

スマホは年々ハイスペック化していますので、何年も使っているとスペック不足に陥ります。

とくにグラブルなどのアプリは、スマホの処理性能が低いと動作が重くなりがちなので、新しいスマホに買い換えることも検討する必要があります。

スマホを買い換えるなら、オンラインショップで利用しましょう。

オンラインショップなら待ち時間もありませんし、スマホ1台で購入手続きができますし、自宅受け取りもできます。

キャリアスマホをお使いの人は、下記から最新スマホを確認してみてください。

おすすめのスマホは、安くてハイスペックな新型iPhone SEもしくはiPhone 11です。

\ iPhoneを公式ショップで確認 /

Smooz(スムーズ)の設定が終わったらどんどん使ってみよう

Smooz(スムーズ)の設定が終わったらどんどん使ってみよう

Smoozの便利な使い方について解説しました。

使い慣れるまで時間がかかるかもしれませんが、慣れれば大変便利で、片手で高速検索が可能になります。

慣れたらもう、他のブラウザアプリには戻れません

主要な動作は、ジェスチャーやツールバーでカバーするのがおすすめです。

設定項目については、自分で使ってみて、自分に合った設定に変更してくださいね。

ブラウザアプリ『Smooz』で、快適なネットライフを送りましょう!

[最終更新日]

ガジェット

\ iPhoneを公式ショップで確認 /

プロフィール

[記事を書いた人]タストテン

横浜歴30年以上の横浜大好きブロガー。 ブログ開設1年で年間390万PVを達成。

当ブログ(P+arts:パーツ)では、実体験を基に『暮らしや仕事に役立つライフハックと雑学』を発信しています。
生活の一部として役立てることができれば幸いです。