logo

ガジェット

ブラウザアプリは『Smooz』以外考えられない!ネット検索が爆速になる!

[最終更新日]

ブラウザアプリは『Smooz』以外考えられない!ネット検索が爆速になる!

スマホやタブレットのブラウザアプリといえば、アンドロイドならChrome、iOSならSafariを思い浮かべる人が多いと思います。

でも、どれも使い勝手が良いとは言えなかったので、色々なブラウザアプリを試してきました。

そこで今回紹介するのは、No.1ブラウザアプリと確信できるほどの素晴らしいアプリ『Smooz(スムーズ)』です。
1年以上Smoozを使用してきまして、Smoozの使いやすさや便利な機能を中心に紹介します。

スマホ、タブレットでネット検索するなら、Smoozを使いましょう。

※Smoozをより便利に使うための設定方法については『【保存版】Smoozの使い方や超便利な設定を紹介【グラブル注意点あり】』を読んでみてください。

\ iPhoneを公式ショップで確認 /

ブラウザアプリ『Smooz』とは?

『片手でスムーズにウェブを楽しもう』

というキャッチコピーを掲げ、2016年にはApp Storeでベストアプリに受賞された、文句なしのNo.1ブラウザアプリです。

ウェブサイトをスムーズに巡回することに重点を置いていて、検索のしやすさやタブの切り替え、ジェスチャー、二画面といった機能が特徴的です。

基本無料であらゆる機能を使うことができ、有料版にすればサイト内の広告をブロックしたり、一部機能を無制限に使用できるといった特典があります。

Smoozは、日本の企業である『アスツール株式会社』が開発しています。
Smooz公式サイトはこちら:Smooz

Smoozの良いところ

Smoozの良いところは、ユーザビリティに特化した便利な機能と、ユーザーの声を反映するユーザーフレンドリーな姿勢です。

片手であらゆる操作を完結させることができるユーザビリティは、他のブラウザアプリには存在しません。

ユーザーの意見を積極的に取り入れて反映していくことで、スムーズにブラウジングをすることに重点を置いています。

『ユーザーの意見を積極的に取り入れて反映する』という親身な姿勢は、世界的な企業レベル(GoogleやAppleなど)になると、なかなか真似できるものではありません。

僕がこのアプリを使っているのも、機能の良し悪しだけではない、ユーザーファーストな姿勢に感銘を受けているからです。

Smoozの便利な機能

Smoozには、様々な便利機能があります。
今回はその中で、他のブラウザアプリにはない、もしくは珍しい機能を中心に紹介します。

  • 『タブ』がある
  • スワイプだけで他のタブを選択できる
  • タブの固定がある
  • 新しいタブを開くとすぐに検索できる
  • 検索結果からシングルタップでページを新規に開くことができる
  • ジェスチャー機能がある
  • 二画面モードでブラウザ画面を分割できる(※無料版は使用回数に制限あり)
  • 無料版でも広告が一切ない
  • サイト内の広告を非表示にできる(※有料版のみ)
  • ページ全体をスクショできる
  • データ量節約モード(画像非表示)が搭載されている
  • Siriショートカットを使って音声でアクセスすることができる
  • カメラを使って画像検索や紙面の文字検索ができる

『タブ』がある

パソコンのブラウザなどに搭載されている『タブ』機能ですが、スマホやタブレットですと、タブ機能が付いているブラウザアプリというだけで珍しいですよね。

Smoozはタブバーをスクロールさせることができるので、上の動画のようにタブの幅が広くてタイトルなども確認できるのが便利ですね。

ちなみに、iOS版ですとタブを無限に開くことができるようです。

スワイプだけで他のタブを選択できる

画面下にある検索アイコンをスワイプさせることで、他のタブをスムーズに選択できる神機能が実装されました(2018年12月のアップデートからの新機能)。


この機能を最大限活かすために、Smoozアプリの設定から『詳細設定』→タブの項にある『高速タブ切り替え』をオンにしてください。

タブの固定がある

タブを固定化することで、よく閲覧するサイトをいつでも見ることができます。
ブックマーク機能より早く、誤タップでタブを閉じてしまう心配もありません。

新しいタブを開くとすぐに検索できる

新しいタブを開いたり、画面下部の検索アイコンをタップすると、検索ボックスにカーソルが合ってキーボードが開かれるので、文字を打ってすぐ検索できます。

他のブラウザアプリですと、検索ボックスを一度タップしなければキーボードが出てきませんので、Smoozですと検索効率が格段に上がります。

一見たいしたことがないように見えるかもしれませんが、試してみると使いやすさ抜群です。

検索結果からシングルタップでページを新規に開くことができる

上記画像の赤枠をタップするだけで、新しいタブで開いてくれます。
新しいタブを開いでもそのタブに移動しないように設定すれば、検索結果ページで複数のサイトを新規タブで開くことができますね。

デザイン的にも邪魔にならないのも高評価です。

ジェスチャー機能がある

画面上を指でなぞることでページを戻ったりタブを閉じたりといった様々な機能を実行してくれます。

ジェスチャーは、→↑のように指でなぞるパターンが4つと、トリプルタップした時で設定できます。
有料版にすることで、設定できるジェスチャー数が増えます。

実行できる機能例は下記になります(※一部です)

  • 戻る / 進む
  • ページの先頭 / 末尾に移動
  • 再読み込み
  • タブを閉じる / 開く
  • 右 / 左のタブに移動
  • ページ内検索

・・・などなど。
よく使用する戻るや進む、タブを閉じると行ったコマンドはジェスチャーで設定するのがおすすめです。

二画面モードでブラウザ画面を分割できる

ブラウザ画面を分割、または子画面を追加することができます。
スマホ・タブレットのブラウザアプリでは類を見ない機能ですね。
二画面については、タブレット版SafariのSplit View、子画面はSlide Overのような感じです。

二画面にすることで、いちいちアプリを切り替えることなく、Twitterを見ながら調べ物をしたり、動画を観ながらツイートするといったことができます。
画面サイズが大きい端末ほど、使い勝手が向上しますね。

無料版ですと、一月あたりの使用回数に制限が設けられています。
試しに使ってみて、便利だと判断したら有料版にするのがおすすめですね。

無料版でも広告が一切ない

無料版だと広告が出てくるアプリがありますが、このアプリは広告が一切出てきません。

また、無料版でもほとんどの機能が使用できます。
一通り試してみて、より多くの機能を使用したい場合は、有料プランをおすすめします。

サイト内の広告を非表示にできる

有料版限定ですが、サイト内の広告を非表示にできます。

広告が邪魔なサイトでは、この機能を設定することで読み込みを軽くすることができます。

ページ全体をスクショできる

ウェブサイトのページ全てをスクショできます。
この機能が搭載されているブラウザアプリは、Smoozだけだと思います。

データ量節約モードが搭載されている

この機能をオンにすると、サイト内の画像が非表示になります。
そのため、画像を読み込むデータ量をなくして、通信料を節約することができます。

また、画像を読み込まないことで、ページの読み込みが早くなるというメリットもあります。
調べ物に集中したい、記事の文章だけを読みたいという人はこの設定がおすすめですね。

Siriショートカットを使って音声でアクセスすることができる

Siriショートカット機能を使うことで、ページへのクイックアクセスが可能です。

例えば音声で『Appleのサイトを開いて』と伝えると、SmoozでAppleのサイトが開かれるようになります。

カメラを使って画像検索や紙面の文字検索ができる

『かざして検索』機能を使うと、カメラを使って撮影した写真と類似している画像を検索することができます。
同様に、検索したいテキストも認識してくれます。

無料版ですと一月に使用できる回数に制限がありますが、有料版ですと無制限に使用できます。

さいごに

No.1ブラウザアプリ『Smooz』の紹介でした。

今回はアプリの紹介ということで、他のブラウザアプリには珍しい機能を中心に解説してきましたが、他にも紹介しきれないぐらい便利な機能がたくさんあります。

興味がありましたら、実際にアプリをインストールしてみて、自分で試してみることをおすすめします。

それではまた。

※Smoozをより便利に使うための設定方法については『【保存版】Smoozの使い方や超便利な設定を紹介【グラブル注意点あり】』を読んでみてください。

\ iPhoneを公式ショップで確認 /

[最終更新日]

ガジェット

\ iPhoneを公式ショップで確認 /

プロフィール

[記事を書いた人]タストテン

横浜歴30年以上の横浜大好きブロガー。 ブログ開設1年で年間390万PVを達成。

当ブログ(P+arts:パーツ)では、実体験を基に『暮らしや仕事に役立つライフハックと雑学』を発信しています。
生活の一部として役立てることができれば幸いです。