猫に与えてはいけない食べ物。魚や野菜、鰹節もだめ?

[最終更新日]

[最終更新日]

こんにちは、タストテンです。

猫は、興味のあるものは匂いを嗅いだりして、時には口に入れてしまうことがあります。
人間の食べ物にも興味をもつことがあり、優しい飼い主さんは、ついついあげてしまうこともあると思います。

ですが、人間の食べ物は、猫にとっては有毒な成分が含まれているかもしれません。

食いつきが良い『鰹節』も、実は猫にとっては体に良くない食べ物だったりします。
そこで今回は、『猫に与えてはいけない人間の食べ物』を紹介しますので、参考になれば幸いです。

最愛の猫が不幸なことにならないよう、食事から気をつけていきましょうね。

※おすすめしているキャットフードについては『本当に良いキャットフードおすすめ3選【口コミや評判・グレインフリー】』も併せて読んでみてください。

🔻無料で3,000円分お試しできる!

猫に与えると危険な食べ物は?

基本的に、『人間が食べているものは猫に良くないもの』と思ってください。

人間が食べるものは人間用に味付けされているため、猫にとって体に悪いものが含まれていることがあります。

人間が食べているものは与えないようにするのが原則ですが、特に次に挙げる食べ物は絶対に与えないようにしてください。
病気を引き起こすだけでなく、最悪の場合、死んでしまうこともあります。

猫に与えてはいけない『野菜』

ネギ・ニラ・玉ねぎなどの『ネギ類』

ネギや玉ねぎを動物に与えてはダメというのは、よく聞く話ですよね。
ネギや玉ねぎなどのネギ類は、少量でも与えないようにしてください。

ネギ類に含まれる『アリルプロピルジスルフィド』(長い)という成分により、貧血や嘔吐、呼吸困難などを引き起こす可能性があります。
そのため、少量でも与えないように気をつけましょう。

ネギ類は加熱しても毒性は無くなりませんので、絶対に与えないでください。

猫はネギ類の匂いを嫌うため、通常であれば口にすることはほとんどありません。
ですが、味付けした料理に含まれるネギを食べてしまうことがあります。

例えば、納豆などに細かく刻んだネギを入れる人もいると思います。
他の匂いがついた、細かいネギは口に入れてしまうこともあるため気をつけてくださいね。

ブロッコリーやカリフラワー、キャベツ

ネギと同様に、『アリルプロピルジスルフィド』が含まれているので、少量でも与えないように注意してください。

ほうれん草

ほうれん草などに含まれる『シュウ酸』により、尿石症(尿路結石症)を患う可能性がありますので与えないでください。

野菜類は上げてはいけない

上記に挙げた野菜以外にも、野菜には猫にとってよくない成分が含まれていることが多いので、与えないように注意しましょう。

猫は肉食なので、人間と違い野菜を食べさせる必要はありません。

他にも、葉や茎といった部分も、食べさせないように気をつけてくださいね。

猫に与えてはいけない『お菓子・スイーツ』

チョコレート

チョコレート(カカオ)に含まれる『テオブロミン』と『カフェイン』により、興奮状態になります。

カフェインは人間も摂りすぎるとカフェイン中毒になりますが、猫も同様です。
猫は人間よりも体が小さいため、人間以上に過敏になります。
そのため、少量でも与えないように気をつけましょう。

カフェインにより興奮状態になると、呼吸困難や発熱、尿を漏らす、下痢や嘔吐、痙攣(けいれん)などの症状が起こる可能性があります。

溶けたチョコレートなどは舐めてしまうこともありますので、食べてほったらかしにしないなど、管理に気をつけましょう。

また、コーヒーやココア味など、カカオが含まれているお菓子には注意が必要です。

お菓子

人間にとっても、お菓子は食べすぎると体に良くない成分が含まれています。
猫にももちろん当てはまります。

先述のチョコレート(カカオ)類はもちろん、塩分の多いポテトチップスなども与えないようにしましょう。

スイーツ全般

先述のチョコレートやココアなどを含むスイーツはもちろんですが、スイーツは砂糖などの糖類が多いため与えないようにしましょう。

猫は甘みをほとんど認識できないため、甘いものを与える必要はありません。

猫に与えてはいけない『飲み物』

牛乳

漫画などで捨て猫に牛乳をあげているシーンがあるので、実際に子猫に与えている人もいるかもしれません。

ですが、牛乳と母乳は栄養面でまったく異なります。
特に子猫の場合、少量でも下痢を引き起こすことがあります。

そのため、牛乳ではなく猫用のミルクを与えるようにしてくださいね。

コーヒー・紅茶・緑茶

コーヒーや紅茶など、『カフェイン』を含む飲み物は興奮状態を引き起こし、下痢や嘔吐、痙攣(けいれん)などの症状が起きる場合があります。

飼い主の飲み物をこぼしてしまい、ペロペロと舐めてしまうことがあります。
目を離すときには、飲み物の管理にも気をつけてくださいね。

アルコール類

急性アルコール中毒を引き起こす可能性があります。
たとえ少量であっても、絶対に与えないでください。

猫に与えてはいけない『魚介類』

イワシやサンマなどの『青魚』

猫に魚を与えるのはよくあることだと思います。
ですが、青魚を多量に食べてしまうと『黄色脂肪症』になる可能性があります。
黄色脂肪症は、皮下脂肪や内臓脂肪が炎症を起こして、発熱などの症状に見舞われます。

少量なら問題ありませんが、多量に与えるのは控えましょう。

鰹節

鰹節にはミネラルが豊富に含まれています。
人間には体に良くても、猫にとっては栄養過多になります。

特に尿路系の病気を引き起こしやすくなるため注意しましょう。

鰹節が好きな猫は多いと思います。
僕の猫も、納豆や豆腐に振りかける鰹節を狙って来ることがあります。
でも、ここはグッと堪えて、与えないようにしましょうね。

少量程度なら問題がない場合もありますが、毎日のように与えるのは良くありません。
どうしても欲しがる場合は、ほんのたまに、少量に留めましょう。

マグロ

マグロも、多量に与えるのはよくありません。
これは青魚と同様に、『黄色脂肪症』を引き起こす可能性があるからです。

猫用ごはんに含まれている程度の量であれば問題ありませんが、マグロの刺身などは、なるべくあげないようにしましょう。

イカやタコ

生のイカやタコには『チアミナーゼ』という猫にとって有毒な成分が含まれています。
チアミナーゼにより、嘔吐や下痢、痙攣(けいれん)といった症状を引き起こす可能性があります。

チアミナーゼは熱に弱いので加熱すればよいのですが、そもそもイカやタコは消化に悪いので、どちらにしても与えないようにしましょう。

生の魚介類

生の魚介類は全般的に猫にとってよくない成分が多いので、与えないようにしてください。

加熱すれば食べられるものもありますが、魚によって口にする餌が異なり、餌によって生成される毒も異なります。
加熱しても、やはり与えないようにするのが無難でしょう。

海藻類

海苔やワカメなどの海藻類にはミネラルが豊富に含まれています。
人間には体に良いのですが、猫に与えすぎると尿石症(尿路結石症)を引き起こす場合がありますので注意しましょう。

また、塩分も多く、腎臓に負担がかかりますので注意してください。

その他

塩分の多い食べ物

魚などにも該当しますが、塩分が多い食べ物は腎臓に負担をかけてしまうため注意が必要です。

人間用に味付けされた料理は、猫にとって塩分過多になることが多いので与えないようにしましょう。

ぶどうやレーズン

原因は不確定のようですが、食べると下痢や嘔吐などを引き起こす可能性があります。そのため、与えないようにしましょう。

生の豚肉

『猫は肉食なので生でも大丈夫だろう』と豚肉を生で与える人もいるかもしれませんが、『生の豚肉』には寄生虫がいますので絶対に与えないでください。

よく加熱することで寄生虫は死にますので、どうしても与えたいなら十分に加熱した豚肉を与えましょう。

猫に与えていい食べ物は?

『猫用のフード』を与えましょう。

おやつがわりにあげたいなら、『CIAOちゅーる』などがおすすめです。

もちろん、キャットフードにも良し悪しがありますので、『飼い猫が長く健康でいられるための、おすすめのキャットフードの選び方』を参考に、猫にあったフードを用意しましょう。

🔻無料で3,000円分お試しできる!

さいごに

猫におねだりされると、ついつい人間の食べ物を与えてしまうことがあると思います。
ですが、人間の食べ物は猫には良くないものがほとんどです。

おねだりされてもグッと我慢をすることが、猫のためにもなります。
どうしても食べたそうにしているなら、おやつフードをあげて紛らわせましょう。

食べさせるつもりはなくても、目を離した隙を狙って食べたり、床に落ちた食べカスを食べることもあります。
そのため、食べ物や飲み物は不用意に置きっぱなしにしないように気をつけてくださいね。

※おすすめしているキャットフードについては『本当に良いキャットフードおすすめ3選【口コミや評判・グレインフリー】』も併せて読んでみてください。

🔻無料で3,000円分お試しできる!

[最終更新日]

▼ この記事をシェア ▼

\ iPhoneを公式ショップで確認 /

プロフィール

[記事を書いた人]タストテン

横浜育ちの"ハマ"っ子。
1日を充実するために早起きをして朝活に取り組んでいます。
文章を書くのが好きで、他にも本を読んだり美味しいものを食べたり、クロスバイクでサイクリングしたり、飼っている猫をモフったりするのが生きがいです。

人気記事POPULAR ARTICLES

  1. 令和元年はいつから?平成31年はいつまで?公表と施行・改元は異なります

    READ MORE

    令和元年はいつから?平成31年はいつまで?公表と施行・改元は異なります
  2. iOS 13でiPhone SEやiPhone 6sはアップデート対象に!iPhone 6以前は?

    READ MORE

    iOS 13でiPhone SEやiPhone 6sはアップデート対象に!iPhone 6以前は?
  3. 5G未対応の新型iPhone 11を買うべきでない理由3つ【5G対応は2020年発売】

    READ MORE

    5G未対応の新型iPhone 11を買うべきでない理由3つ【5G対応は2020年発売】
  4. 即位礼正殿の儀は祝日に!なぜ10月22日に行われるのか?【令和1年限定】

    READ MORE

    即位礼正殿の儀は祝日に!なぜ10月22日に行われるのか?【令和1年限定】
  5. iPhone SEを2019年になっても使っている理由5つ【買い替えは要検討】

    READ MORE

    iPhone SEを2019年になっても使っている理由5つ【買い替えは要検討】
  6. 1日2食ダイエットは危険?5年継続してわかったデメリットも解説

    READ MORE

    1日2食ダイエットは危険?5年継続してわかったデメリットも解説

特集記事SPECIAL ARTICLES

タグで探すTAG