本当に良いキャットフードおすすめ3選【口コミや評判・グレインフリー】

[最終更新日]

[最終更新日]

『本当に良いドライフードのキャットフードで、おすすめなものを知りたい!穀物が入っていないグレインフリーは猫に安全な餌なの?』

こんな悩みに答えます。

こんにちは、タストテンです。
毎日、最愛の猫と一緒に暮らしています

猫を飼っている飼い主さんは、キャットフードに気を使っていますか?

大好きな猫ちゃんが食べるごはんだからこそ、どんなキャットフードを選べば良いか迷いますよね。

飼い猫が長く健康でいられるためには、良いキャットフード選びが重要になります。

そこで今回は、猫を飼っている飼い主さんに向けた、本当に良いキャットフートの選び方を紹介します。

結論から先にいいますと、本当に良いおすすめのキャットフードは穀物フリー(グレインフリー)の下記の3種類です。安いフードは穀物や添加粒が多量に含まれているため良くありません。

上記キャットフードをおすすめしている理由や良いところ、悪いところも含めて紹介していきますので、まずはご一読いただけると幸いです。

※本当に良いおすすめのキャットフードを今すぐ知りたい方は、こちらのページ内リンクをクリックすることで、該当箇所までスクロールします。

※ここで紹介するキャットフードは、飼い主である僕が実際に飼い猫にあげているものから厳選しています。

🔻今なら無料で3,000円分お試しできる!

※期間限定キャンペーンです

【本当に良いおすすめのキャットフードは穀物なし】安いフードは穀物でかさ増し…。安いなりの理由がある

【おすすめのキャットフードは穀物なし】安いフードは穀物でかさ増し…。安いなりの理由がある

ご存知ですか? 安いキャットフードの原材料の大部分は、『穀類もしくは穀物(グレイン)』と明記された原料で占められています。

『穀物(穀類)』は、トウモロコシや大麦、小麦などの炭水化物で構成されています。

この穀物(穀類)は、いわゆる『カサ増し』の目的で、安いキャットフードに大量に含まれています。

しかし猫は、『穀物(穀類)』にはあまり興味を示しません。
なぜなら、猫は肉食であり、穀物をほとんど食べないからです。

猫は穀物をほとんど食べませんので、肉や魚などで『香り付け』をして、無理やり誤魔化しているのですね。

穀物(穀類)は原料が安いため、キャットフードのコストダウンを図る目的で大量に含めているのです。

猫は元々『穀物』をほとんど食べません

猫は本来『肉食』のため、穀物はほとんど摂取しません。
『穀物』には炭水化物が多く含まれておりますが、猫は炭水化物をうまく消化させることができないようです。

そのため、穀物をたくさん食べると下痢や嘔吐をしてしまったり、体調を崩すといった健康リスクが発生してしまうことも。

そうならないためにも、なるべく穀物が含まれていないキャットフードを上げるようにしましょう

注意事項

猫の品種や年齢、病状などによっては穀物(穀類)が必要な場合もあります。
※例えば、腎臓病を患っている猫や高齢の猫など

かといって、安いキャットフードは穀物以外にも多量の添加物や香料が含まれているため、やはりおすすめすることができません。

安易な判断で安いキャットフードを食べさせるのではなく、必ず獣医師と相談してから選ぶようにしましょう。

穀物に含まれる『炭水化物』を多量に摂取することによる主な健康リスク

安いキャットフードには穀物が大量に含まれており、穀物は主に炭水化物になります。

炭水化物を多量に摂取することで、健康リスクが発生する可能性があります。

もし下記のような症状が発生するようでしたら、必ず獣医師と相談してキャットフードの見直しを考えましょう。

  • 下痢
  • 嘔吐
  • 軟便
  • 食欲不振
  • 栄養失調
  • アレルギー

じゃあ、どんなキャットフードをあげればいいの?

という疑問があると思いますので、次の項でより詳しいキャットフードの選び方を解説しますね。

※本当に良いおすすめのキャットフードを知りたい方は、こちらのリンクをクリックすることで、該当箇所までスクロールします。

おすすめのキャットフードの選び方。猫の安全のために慎重に選びましょう

前の項では、穀物は猫にとってあまり良いものではなく、安いキャットフードは穀物や添加物、香料などが多量に含まれていることを解説しました。

安いキャットフードを与え続けたからと行っても、必ずしも短命になるわけではありません。

ですが、飼い猫がより長い間健康でいられるためにも、毎日食べる『猫の餌』は、なるべく良いものにしていくようにしましょう。

猫に安全なキャットフードの、おすすめな選び方について解説しますね。

【おすすめのキャットフードの選び方:1】グレインフリー(穀物がないもの)で選ぶ

猫に安全なキャットフードのおすすめは、グレインフリー(穀物がないもの)になります。

ですが、グレインフリーのキャットフードは、種類が限られてきます。

おすすめのグレインフリーのキャットフードを紹介しますが、もしグレインフリーのキャットフードの食いつきが悪ければ、『穀物が少ないキャットフード』やCIAOちゅーるなどのおやつフードを少量混ぜてみましょう。

【おすすめのキャットフードの選び方:2】『添加物』や『香料』は避ける

安いキャットフードの多くは、添加物や香料を多用しています。

これは、多量の穀物が含まれており、それを香料で香り付けして食べさせるためです。
※猫は肉食であり、穀物をあまり食べません。そのため、香り付けして食べさせようとするのが目的になります

添加物に関しては、キャットフードの賞味期限を伸ばす目的などで使用されています。

添加物に関して、人間の体に良くないのはご存知だと思います。
それは猫などの動物も同様です。

猫は体が小さい動物なので、『添加物が微量であったとしても』悪い影響を受ける可能性があります。

そのため、添加物や香料を多用しているキャットフードは、避けるようにしましょう。

【おすすめのキャットフードの選び方:3】ミートミールに気をつける

『ミートミール』という記載があると、なんとなく『肉っぽいな』と感じると思います。

ですが、この『ミートミール』というのは、肉以外にも骨や血液、毛、クズ皮、糞などを含めて粉末状に精製したものです。

※ミートミールは、正式には『ミート&ボーンミール』という、肉と骨粉という名称になります。

中には病気などで死んだ動物の肉も含まれており、防腐剤などで汚染されている場合もあります。

ミートミールは、本来なら処分されるような部分を加工して使用しているので、コスト削減のために安いキャットフードに多く含まれています。

※『ミール』と表記されたものすべてが悪いわけではありません。
ですが、安いキャットフードに含まれている『ミール』はほとんどが粗悪なものなので気をつけましょう。

選び方に困る場合は、『乾燥チキン』と表記されたものがおすすめ

選び方に困る場合は、『乾燥チキン』と表記されたものがおすすめです。

『乾燥チキン』は余計なものを含まない鶏肉を使用しているため、安心して食べさせることができます。

このように、『ミートというワードが含まれているから肉っぽいし大丈夫だろう』という感覚で購入してしまうと、愛する猫ちゃんに粗悪なご飯を上げることになりますので、注意しましょう。

【おすすめのキャットフードの選び方:4】マグネシウムの量に気をつける

マグネシウムを多く摂取すると、尿石ができる可能性があります。

※尿石は、タンパクとマグネシウムなどが尿中で結合して、石のように固まったものになります。

尿石ができることで、尿が出にくくなったり(尿道閉塞)、尿を出すことで痛みが伴うことがあります。

猫にとって苦痛であるため、『マグネシウムを摂りすぎない』ように気をつける必要があります。

ただし、マグネシウムは骨や歯を形成するのに必要な栄養素でもあるため、『適量』を摂るようにしましょう。
※猫の成長具合や品種などによってマグネシウムの適量が異なります

尿石の予防策としては、『水をたくさん飲ませてあげること』です。

夏場だけでなく、常時たくさんの水を飲んでもらえるよう、水はこまめに変えたり、飲みやすい容器にしてあげるようにしましょう。

【おすすめのキャットフードの選び方:5】飼い猫の成長や品種に合わせたキャットフードを選ぶ

キャットフードは、猫の成長や品種に合わせたものを選ぶようにしましょう。

キャットフードには、下記のように成長の度合いによって表記が異なります。

  • 子猫用:主に生後1ヶ月~1歳まで。キトン用とも言われます ※キャットフードによっては『3ヶ月~』や『6ヶ月~』という表記があります
  • 成猫用:主に1歳~7歳ぐらいまで
  • 老猫用:主に7歳~ ※キャットフードによっては『10歳~』などの表記があります

※上記はあくまで目安です。
キャットフードに『◯ヶ月以上』や『◯歳~』といった表記がある場合は、必ず厳守するようにしてください。

また、品種によっても選ぶキャットフードは異なります。

例えば、ペルシャ・チンチラ用や、長毛種用などですね。
品種によっては毛を飲み込みやすいので、毛玉の排出をサポートしてくれるキャットフードもあります。

このように、猫の成長や品種に合わせたキャットフードを選ぶようにしましょう

おすすめのキャットフード3選を紹介

おすすめのキャットフード3選を紹介

おすすめのキャットフードを紹介します。

ここで紹介しているキャットフードは、飼い主である僕が実際に飼い猫にあげているものから厳選しています。

また、Amazonの口コミで評判の良いものでもありますので、参考になれば幸いです。

それぞれ紹介していきますね。

【おすすめのキャットフード:1】ピュリナワン キャットフード

【おすすめのキャットフード:1】ピュリナワン キャットフード

ピュリナワン キャットフードは子猫用、避妊・去勢した猫用、成猫用、老猫用など種類が豊富で、Amazonでの口コミの評判も大変良くて、僕もおすすめできるキャットフードになります。

※ピュリナワンキャットフードのレビューについては『ピュリナワン猫用の評価レビュー!ピュリナワンを選んだ5つの理由』で詳しく解説しています。

僕は複数のキャットフードを混ぜて食べさせているのですが、ピュリナワンのキャットフードが先になくなるほど食いつきが良いですね

ただ、猫によっては『下痢になる』・『食べない』といった例もあるようです。
獣医に聞いてみたところ、『フードを変えたばかりだと食いつかなかったり、普段とは違うフードに馴染めずに下痢になる場合がある』とのこと。

※どうしても下痢などの症状が見受けられる場合は、動物病院の獣医に相談してみることをおすすめします

ピュリナワン キャットフードについて、実際に食べさせてみて感じた良いところ、悪いところをそれぞれ下記にまとめますね。

ピュリナワン キャットフードの良いところと悪いところ

ピュリナワン キャットフードの良いところと悪いところは下記になります。

良いところ

  • 僕の猫には食いつきが良い
    ▶いろんなキャットフードを食べさせてみましたが、ピュリナワン キャットフードの食いつきが一番良かったです
  • 400グラムで1包装されている
    ▶1包装がすぐに使い切れる分量なので、鮮度が保たれやすく、残量を把握しやすいですね
  • Amazonの口コミや評判が良い
    ▶口コミや評判はあくまで目安だけど、実際に試した人のレビューは購入の判断につながります
  • 公式サイトだと安く購入でき、定期便なので手間がかからない
    ▶公式オンラインストアですと割引価格で購入でき、定期便で届けてくれるので注文忘れを防ぐことができます

悪いところ

  • 猫によって食いつきが悪い
    ▶人間同様、猫にも好き嫌いがあるので、すべての猫が食いつくようなフードは基本的にありません
  • 市販のキャットフードと比べると値段が高い
    ▶市販は2キロで1000円以下のもあるため、それと比べるとどうしても高くなります
  • オイルコーティング※がされている
    ▶多くのキャットフードがオイルコーティングされているのが現状です。ノンオイルタイプを食べさせたい場合は、『レガリエキャットフード(※ページ内リンクです)』の方をおすすめします

※オイルコーティングとは、食いつきを良くするためにキャットフードに『香りをつけた油』を吹きつけたものになります。

オイルコーティングは油が酸化しやすい性質上、保存料も必要になるため、添加物などを使用することになりますので、油を使用しない『ノンオイルコーティング』の方が望ましいといえますね。

ノンオイル・コーティングのフードを食べさせたい場合は、『レガリエキャットフード(※ページ内リンクです)』の方をおすすめします。

ピュリナワン キャットフードを購入するなら公式オンラインストアがおすすめ

ピュリナワン キャットフードを購入される場合は、安く利用できるネスレ通販オンラインショップ限定の『定期お届け便』の利用がたいへんおすすめです。

実は、ピュリナワン キャットフードは定期お届け便にすることで、今だけ『無料』で初回3,000円分お試しすることができます。

このお得な定期お届け便は、ネスレ通販オンラインショップ限定となっています。

定期的にお届けしてくれますし、価格も割引となりますので、お早めのご利用をおすすめします

今なら無料で3,000円分お試しできるキャンペーンを実施中です!

※期間限定キャンペーンです

お試しの申込みは10分程度でできます!

【おすすめのキャットフード:2】レガリエキャットフード

【おすすめのキャットフード:2】レガリエキャットフード

レガリエキャットフードは、今なら500円(送料無料)でお試しできる、『世界一の品質』を目指した高品質なキャットフードです。

国産のキャットフードでグレインフリー、添加物不使用、獣医師が監修しているため、とても信頼できますね。

僕の猫は最初食べてくれなかったのですが、同封されている『与え方』を試してみたところ、1週間ほどで食べてくれるようになりました

🔻レガリエキャットフードを食べてくれるようになりました
レガリエキャットフードを食べてくれるようになりました

※レガリエキャットフードのレビューについては、『レガリエキャットフードのレビュー!口コミや評判付きで解説【国産猫用】』で詳しく解説しています。

レガリエキャットフードについて、実際に食べさせてみて感じた良いところ、悪いところをそれぞれ下記にまとめますね。

レガリエキャットフードの良いところと悪いところ

レガリエキャットフードの良いところと悪いところは下記になります。

良いところ

  • 安心の品質である
    ▶原材料が国産のものが中心で、人間が食べられるほどの品質レベル(ヒューマングレード)なので他のフードと比べると安心感が段違いです
  • グレインフリーである
    ▶猫にとってはグレイン(穀物)は不要です。市販の安いフードの多くは穀物でカサ増ししているので、健康リスクを考慮するならグレインフリーを選びましょう
  • 獣医師監修で栄養バランスを考慮している
    ▶獣医師が監修を行い、栄養バランスをしっかり考えて作られているので、猫の健康面を気にする人はおすすめですね
  • お試しを500円(送料無料)で試すことができる
    ▶レガリエは安いフードではないため、お試しで食べてくれるかどうか判断できるのが魅力的です

悪いところ

  • 食いつきがあまり良くない
    ▶食いつきがあまり良くなかったのですが、同封されている与え方を試したところ、1週間ほど経過した後に食べてくれるようになりました
  • 価格が市販のキャットフードに比べると高い
    ▶価格は高いが、品質が良いので猫の健康のためになります。定期コースで割引もできますので、品質を優先したい人におすすめですね

レガリエキャットフードはお試しができます

レガリエキャットフードは、おためし版で試してみましょう。

よくある例ですが、せっかくキャットフードを買っても、食べてくれないことってありますよね。

僕の猫も、最初のうちはなかなか食べてくれませんでした…

どんなに高品質なキャットフードでも食べてくれなければ意味がありません…。

そこで、今なら500円(送料無料)でお試しできるレガリエキャットフードがおすすめ。

500円分で『およそ4食分』をお試しいただけるので、お口に合う、気に入ったときは『そのまま定期便で継続』いただけます(※解約も簡単に行うことができますので、ご安心ください)。

僕の猫も最初は食べてくれなかったのですが、同封されている『鯛パウダー』をかけたり、他のキャットフードと混ぜることで食べるようになりました

🔻付属の鯛パウダーもお試しセットの中に含まれています!

今なら500円(送料無料)でお試しできますので、興味がありましたらぜひご利用してみてください。

※500円(送料無料)でのお試しは、終了してしまう可能性があります

お試しの申込みは5分程度の入力でOK! 解約も簡単にできますよ

※レガリエキャットフードのレビューにつきましては、『レガリエキャットフードのレビュー!口コミや評判付きで解説【国産猫用】』をご確認ください。

【おすすめのキャットフード:3】ニュートロ ナチュラルチョイス

ニュートロ ナチュラルチョイスもAmazonの口コミで評判がよく、僕もおすすめできるキャットフードになります。

※ニュートロ ナチュラルチョイスのAmazonの口コミは、こちらのリンクからでも確認できます。

僕がよく購入しているのが、ニュートロ ナチュラルチョイスの穀物フリー(グレインフリー)になります。

僕の猫はニュートロ ナチュラルチョイスも好んで食べているため、先に紹介したピュリナワン キャットフードと混ぜたりしてあげることもあります

ニュートロ ナチュラルチョイスも種類が多いため、猫に合った最適なキャットフードを選んであげるようにしましょう。

ニュートロ ナチュラルチョイスについて、実際に食べさせてみて感じた良いところ、悪いところをそれぞれ下記にまとめますね。

ニュートロ ナチュラルチョイスの良いところと悪いところ

ニュートロ ナチュラルチョイスの良いところと悪いところは下記になります。

良いところ

  • Amazonで口コミや評判が良い
    ▶口コミや評判はあくまで目安だけど、実際に試した人のレビューは購入の判断につながります
  • 食いつきが良い
    ▶猫によりますが、僕の猫は食いつきが良いため、子猫の頃からいろんなニュートロのフードを食べさせています
  • 種類が豊富でいろんな猫種や状態に対応できる
    ▶いろんな種類がありますので、子猫用や老猫用、室内猫用などの用途別で購入できます
  • 500グラムの少量パックで試すことができる
    ▶コスパは悪いけど、500グラム版で食いつきが良いかどうか判断できます

悪いところ

  • 猫によって食いつきが悪い
    ▶人間同様、猫にも好き嫌いがあるので、すべての猫が食いつくようなフードは基本的にありません
  • 市販のキャットフードと比べると値段が高い
    ▶市販は2キロで1000円以下のもあるため、それと比べるとどうしても高くなります
  • オイルコーティング※がされている
    ▶多くのキャットフードがオイルコーティングされているのが現状です。ノンオイルタイプを食べさせたい場合は、『レガリエキャットフード(※ページ内リンクです)』の方をおすすめします

※オイルコーティングとは、食いつきを良くするためにキャットフードに『香りをつけた油』を吹きつけたものになります。

オイルコーティングは油が酸化しやすい性質上、保存料も必要になるため、添加物などを使用することになりますので、油を使用しない『ノンオイルコーティング』の方が望ましいといえますね。

ノンオイル・コーティングのフードを食べさせたい場合は、『レガリエキャットフード(※ページ内リンクです)』の方をおすすめします。

【まとめ】キャットフード選びは慎重に。本当に良いものを選んであげましょう

キャットフード選びは慎重に。本当に良いものを選んであげましょう

キャットフード選びは慎重に。猫に最良のものを選んであげましょう。

キャットフードは人間が食べるものではないため、不安でしたら医師に相談したり、原材料を確認して、評判の良いキャットフードを少量で試してみるのがおすすめです。

飼い猫が長く健康でいられるよう、まずはキャットフードから見直してみてはいかがでしょうか。

今回紹介した、おすすめのキャットフードを下記にまとめましたので、ぜひチェックしてみてください。

※ピュリナワンのキャットフードの評価や口コミの詳細は『ピュリナワン猫用の評価レビュー!ピュリナワンを選んだ5つの理由』を併せて読んでみてください。

🔻Amazonで買って良かったおすすめのキャットフードとおやつを紹介しています。

🔻Amazonで買って良かったおすすめの猫グッズを紹介しています。

🔻無料で3,000円分お試しできる!

[最終更新日]

▼ この記事をシェア ▼

🔻無料で3,000円分お試しできる!

プロフィール

[記事を書いた人]タストテン

横浜育ちの"ハマ"っ子。
1日を充実するために早起きをして朝活に取り組んでいます。
文章を書くのが好きで、他にも本を読んだり美味しいものを食べたり、クロスバイクでサイクリングしたり、飼っている猫をモフったりするのが生きがいです。

人気記事POPULAR ARTICLES

  1. 令和元年はいつから?平成31年はいつまで?公表と施行・改元は異なります

    READ MORE

    令和元年はいつから?平成31年はいつまで?公表と施行・改元は異なります
  2. iPhone SEを2019年になっても使っている理由5つ【買い替えは要検討】

    READ MORE

    iPhone SEを2019年になっても使っている理由5つ【買い替えは要検討】
  3. iOS 13でiPhone SEやiPhone 6sはアップデート対象に!iPhone 6以前は?

    READ MORE

    iOS 13でiPhone SEやiPhone 6sはアップデート対象に!iPhone 6以前は?
  4. 5G未対応の新型iPhone 11を買うべきでない理由3つ【5G対応は2020年発売】

    READ MORE

    5G未対応の新型iPhone 11を買うべきでない理由3つ【5G対応は2020年発売】
  5. 1日2食ダイエットは危険?5年継続してわかったデメリットも解説

    READ MORE

    1日2食ダイエットは危険?5年継続してわかったデメリットも解説
  6. 【厳選】集中力を高める飲み物8選【仕事や勉強が捗ります】

    READ MORE

    【厳選】集中力を高める飲み物8選【仕事や勉強が捗ります】

特集記事SPECIAL ARTICLES

タグで探すTAG