2018年版iPad Proにおすすめのガラスフィルムをレビュー

[最終更新日]

[最終更新日]

こんにちは、タストテンです。

2018年版iPad Proの12.9インチモデルを購入し、画面を保護するガラスフィルムも購入しました。

そこで今回は、僕が購入した『Nimaso 【改善版】 iPad Pro 12.9 インチ(2018秋新型)用 強化ガラス液晶 保護フィルム』についてレビューします。
このガラスフィルムについて良いところと悪いところを挙げてみたので、参考になれば幸いです。



液晶保護ガラスフィルムの良いところ

FaceIDに対応

Amazonで販売されているこのガラスフィルムは、ノッチデザインにより、FaceIDに正式対応しております。
そのため、安心して購入することができます。

注意事項

FaceIDに対応しているかどうかは絶対条件なので、この製品に限らず、2018年版iPad Proのガラスフィルムを購入する際には必ず確認しましょう。

ガラスフィルムなのに薄い!

一般的なガラスフィルムの厚さは0.33mmですが、このガラスフィルムはなんと、わずか0.26mm
その差0.07mmで、実際見てみるとかなりの薄さになります。

一般的なガラスフィルムだとタップした時に無反応になったりすることがあるみたいですが、僕がこのガラスフィルムを使っている限りでは無反応などは特にありません。
Apple Pencilによる反応も良好です。

また、フィルムが厚いと、その分だけApple Pencilを使用した時にペン先と画面の『ズレ』が生じます。
フィルムが薄くなればなるほど、そういった違和感がなくなり、画面に直接描いている感じになります。

ポイント

フィルムが薄いことで、わずかに軽くなるというメリットもあります。
画面サイズが大きいと、以外にフィルムによる重量もバカになりません。

薄くても硬度は9Hなので衝撃から守れる

『薄いと衝撃や傷を保護できないのでは?』

と思われるかも知れません。

普通のガラスフィルムより薄いですが、硬度は9Hあり、一般的なガラスフィルムと同等になっています。
そのため、多少の傷や衝撃から守ってくれる、心強いガラスフィルムになります。

注意事項

硬度が一般的なガラスフィルムと同等であっても、落下などによる衝撃からは完全に守れるわけではありません。
蓋つきのケースを併用したり、可能な限り丁寧に扱うようにしましょう。

包装がしっかりしている

包装がしっかりしているので、運搬などでガラスフィルムが割れたり曲がったりといったことはありません。

中にはコスト削減なのか、厚紙程度の包装しかされていない製品もあります。
当たり前のことのようで、こういった部分もきちんとされているのは評価できますね。

クリーナーなどが一式揃っている

ガラスフィルムだけでなく、クリーナー一式が揃っています。

付属品は

  • アルコールパッド(ウェットとドライタイプ)
  • マイクロファイバークロス(メガネ拭きのようなもの)
  • 埃除去シール
  • 気泡抜き用の紙ヘラ

になります。

物によってはメガネ拭きしか付属していなかったりする(最初のガラスフィルムがそうでした)ので、こういう付属品があるのは助かりますね。

値段が安い

僕が購入した『Nimaso 【改善版】 iPad Pro 12.9 インチ(2018秋新型)用 強化ガラス液晶 保護フィルム』の値段は、1300円(2018年11月20日現在)です。
ガラスフィルムの最安値は1000円以下のものもありますが、高いものでは2000円以上することを考えると安い方だと思います。

僕はブルーライトカットなどの機能は必要なかったのでシンプルなガラスフィルムを選択しました。
シンプルでも、指紋防止や硬度9H、高透明度などの機能は備わっています。

液晶保護ガラスフィルムの悪いところ

指紋は付きにくいが、付着しないわけではない

ガラスフィルムに指紋が付着しにくいとありますが、付着しにくいというだけで、まったく付かないわけではありません。

iPad Proのキーボード機能を使う場合などは、別の指紋が付着しにくいガラスフィルムの方が良いでしょう。

ポイント

Apple Pencilを使い、なるべく画面を指で触れないようにすれば気になりにくくなります。
また、こまめにメガネ拭きなどでガラスフィルムをきれいに掃除しましょう。

ガラスフィルムのサイズが若干小さい

他の保護フィルムも同様かもしれませんが、画面サイズより若干小さいです。
そのため、画面に合わせてぴったり貼ろうとすると、どこかしらの画面端に、保護しきれない隙間ができます。

貼る前に一度、ガラスフィルムを画面に置いてみて確認すると、貼る時にズレが減るかもしれません。

液晶保護ガラスフィルムのおすすめ度は?

かなりおすすめできます。
ガラスフィルムとしては標準的な機能しか備わっていないので、ブルーライトカットなどが必要な場合は他の製品を選択した方が良いですね。

シンプルに、薄いガラスフィルムがいいという人でしたらおすすめします!

※こちらは12.9インチモデルのガラスフィルムになります。
11インチモデルのガラスフィルムは下記の商品リンクになります。

さいごに

2018年版iPad Proは『変えていないのは名前だけ。』というだけあって、大幅な変更がありました。
その影響でFaceIDがキチンと認証しないと言った問題がありました。

今回購入したガラスフィルムはそういった問題がありませんので、安心して使用することができます。
2018年版iPad Proの保護フィルムでガラスフィルムにしようか悩んでいる方は、ぜひ試してみてください。

また、保護フィルムがうまく貼れないという人は、『スマホやタブレット用の液晶保護フィルムにホコリや気泡が入らない貼り方』を参考にしてみてください。

iPadをちゃんと活用できていますか?

iPadをちゃんと活用できていますか?

iPadは、iOSがアップデートされる度に様々な活用方法が見つかっていきます。

iPadは高性能です。ちゃんと使えているようで、実はまだまだ知らない機能や便利機能もたくさんあります。

僕も定期的にiPadの活用法を調べていますが、書籍にまとめられていると読み返したりできて便利です。

けっして安くはないタブレットですので、せっかくならいろいろな用途を知って、使い倒してみましょう。

iPad、ちゃんと活用してみませんか?

TwitterでもApple製品に関して発信していますので、興味がありましたらフォローしていただけると幸いです。

[最終更新日]

▼ この記事をシェア ▼

🔻Amazonで買い物するならプライム会員がオトク!詳しくは▶Amazonプライムの会員特典を活用しよう

プロフィール

[記事を書いた人]タストテン

横浜育ちの"ハマ"っ子。
1日を充実するために早起きをして朝活に取り組んでいます。
文章を書くのが好きで、他にも本を読んだり美味しいものを食べたり、クロスバイクでサイクリングしたり、飼っている猫をモフったりするのが生きがいです。

人気記事POPULAR ARTICLES

  1. 新型iPhone 11の最新情報や噂!発売日は2019年のいつ?【iPhone XI】

    READ MORE

    新型iPhone 11の最新情報や噂!発売日は2019年のいつ?【iPhone XI】
  2. 令和元年はいつから?平成31年はいつまで?公表と施行・改元は異なります

    READ MORE

    令和元年はいつから?平成31年はいつまで?公表と施行・改元は異なります
  3. iPhone SE 2の発売日などリーク最新情報まとめ。2019年に発売するの?

    READ MORE

    iPhone SE 2の発売日などリーク最新情報まとめ。2019年に発売するの?
  4. 2019年になってもiPhone SEを使っている理由6つ【買い替えは要検討】

    READ MORE

    2019年になってもiPhone SEを使っている理由6つ【買い替えは要検討】
  5. iOS 13でiPhone SEやiPhone 6sはアップデート対象に!iPhone 6以前は?

    READ MORE

    iOS 13でiPhone SEやiPhone 6sはアップデート対象に!iPhone 6以前は?
  6. 2019年の新型iPhoneを買わなくてもよい理由3つ【5G対応は2020年発売】

    READ MORE

    2019年の新型iPhoneを買わなくてもよい理由3つ【5G対応は2020年発売】

特集記事SPECIAL ARTICLES

タグで探すTAG