iPhoneやiPadのスクリーンショットの裏技!物理キーで撮るのはもう古い?

[最終更新日]

[最終更新日]

iPhoneやiPadのスクリーンショットのやり方を知りたい!…え、物理キーで撮るのって、もう古いの?

こんな悩みに答えます。

こんにちは、タストテンです。
iPhoneやiPadを何年も愛用しているブロガーです。

iPhoneやiPadのスクリーンショットを、物理キーを押して撮ろうとしていませんか?

物理キーを押してのキャプチャは誤操作、キャプチャミスに繋がりやすく、物理キー自体の消耗・破損に繋がります。

iPhoneやiPadは、物理キーを押さなくても、スクリーンショットを行うことができます。

そこで今回は、『物理キーを押さなくてもスクリーンショットをキャプチャできる』裏技的な方法について解説していきますね。

物理キーを押さずにスクリーンショットをキャプチャする裏技を少しネタバレすると、『AssistiveTouch』を利用します。

AssistiveTouchについては、『AssistiveTouchの便利すぎる使い方を解説!iPhoneやiPadに!【iOS12】』でも詳しく解説していますので、併せて読んでみてください。

\ iPhoneを公式ショップで確認 /

iPhoneやiPadのスクリーンショットの裏技!物理キーの使用はもう古い!?

iPhoneやiPadのスクリーンショットの裏技!物理キーの使用はもう古い!?

iPhoneやiPadのスクリーンショットのやり方教えて!…え、物理キーでキャプチャするのって、もう古いの?

冒頭でも少し触れましたが、iPhoneやiPadのスクリーンショットを、物理キーを押してキャプチャしていませんか?

物理キーを押してのキャプチャは誤操作、キャプチャミスに繋がりやすく、物理キー自体の消耗・破損に繋がります。

iPhoneやiPadのスクリーンショットは、物理キーを押さなくてもキャプチャすることができますので、次の項でその方法について解説していきます。

物理キーを使わないでスクリーンショットを撮る方法を解説【AssistiveTouch機能を使用】

物理キーを使わないでスクリーンショットを撮る方法を解説【AssistiveTouch機能を使用】

物理キーを使わないでスクリーンショットを撮る方法を解説します。

『AssistiveTouch』という機能を使用しますので、まずはAssistiveTouchについて簡単に解説していきますね。

AssistiveTouchの概要

AssistiveTouchは上図の緑で囲ったアイコンのことで、タップや長押しをすることで様々な機能を呼び出すことができます。

※このAssistiveTouchアイコンをタップすることで、デバイスをコントロール(画面をロック、スクリーンショット撮影など)したり、ピンチによる拡大縮小といったコマンドを簡単に実行するためことができます。

iPhoneやiPadの初期設定では、このAssistiveTouchのアイコンは表示されていませんので、次の項で表示方法について解説していきますね。

AssistiveTouchの設定方法(表示方法)

AssistiveTouchの設定方法(表示方法)は下記になります。

AssistiveTouchの設定方法(表示方法)

  1. 『設定』アプリをタップ
  2. メニューから『一般』をタップ
  3. 一般のなかにある『アクセシビリティ』をタップ
  4. アクセシビリティの中にある『AssistiveTouch』をタップ
  5. 『AssistiveTouch』の右側のトグルをタップして緑色にする

※AssistiveTouchを『オン』(上図の緑枠部分)にすることで、AssistiveTouch機能を使用することができます(デフォルトではオフになっています)。

この方法でAssistiveTouchをオンにすると、画面に下図の緑枠にある半透明のアイコンが出現します。

この半透明のアイコンをタップすると、下図の緑枠にあるメニューが表示れされます。

上図のメニューの項目をカスタマイズすることで、物理キーを押さなくてもスクリーンショットを撮ることができるようになります。

次の項で、メニュー項目のカスタマイズ方法について解説しますね

AssistiveTouchのメニューに機能を追加する

AssistiveTouchのメニューには、デフォルトでいくつかの機能が設定されています。

AssistiveTouchのメニューについての詳細は、『AssistiveTouchの便利すぎる使い方を解説!iPhoneやiPadに!【iOS12】』を併せて読んでみてください。

今回は、下記のメニューの中に『スクリーンショット』を入れます。

これらの機能を自分なりにカスタマイズしていきましょう。

『最上位メニューをカスタマイズ』でメニュー内にスクリーンショット機能をいれる

AssistiveTouchのメニューの中に、スクリーンショット機能を設定する手順を解説します。

設定方法

AssistiveTouchのメニューのカスタマイズは、『設定』アプリ→『一般』→『アクセシビリティ』→『AssistiveTouch』→『最上位メニューをカスタマイズ』をタップします(下図の緑枠部分です)。

AssistiveTouchのメニューのカスタマイズ方法

  1. 『設定』アプリをタップ
  2. メニューから『一般』をタップ
  3. 一般のなかにある『アクセシビリティ』をタップ
  4. アクセシビリティの中にある『AssistiveTouch』をタップ
  5. AssistiveTouchの『最上位メニューをカスタマイズ』をタップ

すると、下図のようなカスタマイズができる画面が表示されますので、変更したいアイコンをタップして、スクリーンショット機能と入れ替えます。

これで物理キーを使用しなくても、AssistiveTouchアイコンをタップした時に、スクリーンショットをタップしてキャプチャする事が可能になりました。

さらに応用として、AssistiveTouchアイコンを『シングルタップした時』や『ダブルタップした時』、『長押しした時』、『3D Touchした時(※対応機種のみ)』にスクリーンショットができるように設定することもできます。

  • シングルタップした時
  • ダブルタップした時
  • 長押しした時
  • 3D Touchした時(※対応機種のみ)

上記は『カスタムアクション』と呼ばれる設定となりまして、次の項で解説しますね。

カスタムアクションを設定する

上の緑枠の部分でカスタムアクションを設定することで、AssistiveTouchを『シングルタップ』、『ダブルタップ』、『長押し』、『3D Touch(対応していない機種あり)』した時に、任意の機能を使用することができます。

シングルタップAssistiveTouchを1回タップすることで行うアクション
ダブルタップAssistiveTouch2回連続でタップすることで行うアクション
長押しAssistiveTouchを長押しすることで行うアクション
3D TouchAssistiveTouchを強く押すことで行うアクション

このカスタムアクションの設定を行うことで、『AssistiveTouchをダブルタップしたらスクリーンショットを撮る』といった設定を行うことができます。

非常に便利なので、よく使う機能に関しては、シングルタップやダブルタップ、長押しなどに設定するのがおすすめです。

以上が、物理キーを使わずにスクリーンショットをキャプチャする方法になります。

次の項は補足説明として、

  • AssistiveTouchアイコンの透明度を変更する
  • AssistiveTouchアイコンの位置を変更する方法

について解説しますね。

AssistiveTouchアイコンの透明度を変更する

AssistiveTouchアイコンはデフォルトで半透明になっていますが、この透明度を15%〜100%の間で調節することができます。

設定方法

AssistiveTouchのメニューのカスタマイズは、『設定』アプリ→『一般』→『アクセシビリティ』→『AssistiveTouch』→『待機状態時の不透明度』(上図の緑枠部分)をタップして、任意の不透明度に設定してください。

透明度を下げることで、目立たなくすることができます。

AssistiveTouchアイコンの位置を変更する

AssistiveTouchのアイコンは、アイコンをスライドすることで、位置を変更することができます。

このとき注意したいのが、長押しではなく、軽く触れたらすぐに動かすことです。

長押ししてしまうと、カスタムアクションで設定した長押ししたときのコマンドが実行されてしまいます。

ちなみにAssistiveTouchのアイコンは、画面の周囲にしか置くことができません。

例えば『真ん中に置きたい!』というのは無理です

【さいごに】スクリーンショットは物理キーを押さないでキャプチャしよう

AssistiveTouchを使った、スクリーンショットを物理キーで押さなくてもキャプチャできる方法について解説しました。

とても便利な機能なので、画面をキャプチャするときなどに使用してみてください。

AssistiveTouchはスクリーンショット以外にも便利な使い方がありますので、『AssistiveTouchの便利すぎる使い方を解説!iPhoneやiPadに!【iOS12】』を併せて読んでみてください。

※iPadについては、『iPadの最新情報まとめ【レビューやアクセサリー関連の紹介もあり】』でも詳しくまとめておりますので、併せて読んでみてください。

\ iPhoneを公式ショップで確認 /

[最終更新日]

▼ この記事をシェア ▼

\ iPhoneを公式ショップで確認 /

プロフィール

[記事を書いた人]タストテン

横浜育ちの"ハマ"っ子。
1日を充実するために早起きをして朝活に取り組んでいます。
文章を書くのが好きで、他にも本を読んだり美味しいものを食べたり、クロスバイクでサイクリングしたり、飼っている猫をモフったりするのが生きがいです。

人気記事POPULAR ARTICLES

  1. 令和元年はいつから?平成31年はいつまで?公表と施行・改元は異なります

    READ MORE

    令和元年はいつから?平成31年はいつまで?公表と施行・改元は異なります
  2. iPhone SEを2019年になっても使っている理由5つ【買い替えは要検討】

    READ MORE

    iPhone SEを2019年になっても使っている理由5つ【買い替えは要検討】
  3. 1日2食ダイエットは危険?5年継続してわかったデメリットも解説

    READ MORE

    1日2食ダイエットは危険?5年継続してわかったデメリットも解説
  4. 5G未対応の新型iPhone 11を買うべきでない理由3つ【5G対応は2020年発売】

    READ MORE

    5G未対応の新型iPhone 11を買うべきでない理由3つ【5G対応は2020年発売】
  5. iOS 13でiPhone SEやiPhone 6sはアップデート対象に!iPhone 6以前は?

    READ MORE

    iOS 13でiPhone SEやiPhone 6sはアップデート対象に!iPhone 6以前は?
  6. 【厳選】集中力を高める飲み物8選【仕事や勉強が捗ります】

    READ MORE

    【厳選】集中力を高める飲み物8選【仕事や勉強が捗ります】

特集記事SPECIAL ARTICLES

タグで探すTAG