大阪新世界で遊ぶ!通天閣やレトロなゲームまで楽しめる観光スポット7選

[最終更新日]

[最終更新日]

こんにちは、タストテンです。
先日、2泊3日で大阪観光をしてきました。

大阪市浪速区恵美須東(なにわく・えびすひがし)にある『新世界』は、食べるだけでなく、観光スポットとしても有名です。
今回は、新世界で楽しめる観光スポットを紹介します。



グルメだけじゃない!新世界の魅力

新世界の中心には、なにわのシンボル・通天閣があり、少し歩けば天王寺動物園大阪市立美術館もあります。
さらに天王寺駅まで歩けば、日本で最も高いビル『あべのハルカス』があります。ですが、新世界からは徒歩だと遠いので割愛します。

串かつ、どて焼き、たこ焼きなど、グルメで溢れている新世界ですが、観光スポットとしても魅力的な街なのです。
新世界のグルメについては『大阪新世界に観光するなら食べてほしいおすすめのグルメ6選【定番・穴場】』でまとめています。

それでは、新世界にはどんな観光スポットがあるのでしょうか?

新世界を一望!なにわのシンボル『通天閣』

なにわのシンボル、通天閣
新世界周辺を一望できる展望台で、2007年に国の有形文化財にもなりました。

入場料金は高校生以上(大人)が700円、5歳~中学生までが400円になっています。

通天閣の5階には『ビリケン像』が展示されています。
ビリケンは、通天閣の公式キャラクターおよび福の神さまで、ビリケンさんで親しまれています。

カフェもあり、窓際石なら通天閣を一望しつつカフェを楽しむことができます。
展望台で新世界を一望するだけじゃなく、通天閣の歴史を学んだりすることができます。
また、お土産屋も充実していますので、新世界観光のお土産を買うことができますね。

レトロなパチンコ!?スマートボール

ニュースターというお店にあるスマートボールは、ピンボールのように球をとばして特定の穴にボールを入れる、パチンコの亜種です。
スマートボールが遊べる店が年々減っているようですが、ニュースターではなかなかの賑わいでした。

パチンコの亜種ということで、18歳未満は入店ができませんのでご注意ください。

貯めたボールは、景品と交換することができます。
景品はお菓子がメインのようです。

人生初のパチンコがスマートボールになりましたが、下手すぎてすぐにボールがなくなってしまいました・・・。
100円でもそこそこ遊べますので、やったことがない初心者でも十分に楽しめると思います。

懐かしのアーケードゲームやマニアックなガチャがある『ガチャの穴』

ガチャの穴は大阪、新世界の各地に点在している、小さなゲームセンターです。
ガチャガチャがメインですが、懐かしのアーケードゲームも楽しめます。

1980年代から90年代のレトロなアーケードゲームの中には、初代マリオブラザーズやストリートファイターなどもあり、童心に帰って楽しむことができます。

ガチャガチャのラインナップは、ゲーセンによくあるようなものから、マニアックなものまで多数あります。
入り口にはエロい?ガチャもあり、どこか近寄りがたい雰囲気なのが残念なところかもしれません。

画像の店舗は、天王寺動物園前のガチャの穴になります。

いろんな動物に会える『天王寺動物園』

通天閣から天王寺駅方面を歩いていくと、天王寺動物園があります。
入園料はおとな500円、小・中学生が200円、小学生未満は無料で入園することができます。

ライオンやキリン、虎など、多種多様な動物を見ることができます(天王寺動物園の動物図鑑ページで確認できます)。

動物園ということで、親子連れやカップルが多いですね。

落ち着いた雰囲気がある大阪市立美術館

新世界からですと少し歩きますが、天王寺動物園の先に大阪市立美術館があります。
外観が洋風で、美術館までの道のりを含めてヨーロッパな雰囲気があります。

観覧料は一般で300円、高校生、大学生が200円、中学生以下は無料になっています。

定期的に大きな展覧会が行われているようで、2019年1月14日まで、ルーヴル美術館展が行われています。

美術館の近くには広場もあり、僕が行った時は屋台などがたくさん出店していて、大勢の人で賑わっていました。
また、美術館の近くでは絵画を楽しむ方もいます。

美術館の周辺は散歩に適しています。天気が良かったので、僕も周辺を散策しました。
美術館側から見る新世界の景色も良いですね。

ビリケン像を探す

新世界本通商店街には、いたるところにビリケン像が置いてあります。
中にはビリケン神社まであり、参拝する方で周囲はごった返しになるほど。
新世界を歩きながら、多種多様なビリケン像も探してみてはいかがでしょうか?

ビリケン像探しについては『通天閣だけじゃない!大阪新世界で色々なビリケン像を探してみた』でまとめています。

大阪独特の目立つ看板を見ながら散歩

新世界には飲食店が立ち並び、独特の目立つ看板がたくさんあります。
看板を眺めながら新世界を歩くだけでも楽しいですよ!

ですが、上ばかりを向いて歩いていると周囲の人にぶつかってしまいますので、注意してください。

グルメも堪能しよう!

新世界にも、美味しいグルメがたくさんあります。
遊ぶだけでなく、グルメも堪能しましょう!

新世界のグルメについては『大阪新世界に観光するなら食べてほしいおすすめのグルメ6選【定番・穴場】』でまとめていますので、参考にどうぞ。

さいごに

新世界を堪能しようとすると、1日ではとても足りませんよね。

大阪の良さが濃縮されている街、新世界。
大阪に来たら、新世界の観光もぜひ!

それではまた。

[最終更新日]

▼ この記事をシェア ▼

\ iPhoneを公式ショップで確認 /

プロフィール

[記事を書いた人]タストテン

横浜育ちの"ハマ"っ子。
1日を充実するために早起きをして朝活に取り組んでいます。
文章を書くのが好きで、他にも本を読んだり美味しいものを食べたり、クロスバイクでサイクリングしたり、飼っている猫をモフったりするのが生きがいです。

人気記事POPULAR ARTICLES

  1. 令和元年はいつから?平成31年はいつまで?公表と施行・改元は異なります

    READ MORE

    令和元年はいつから?平成31年はいつまで?公表と施行・改元は異なります
  2. iPhone SEを2019年になっても使っている理由5つ【買い替えは要検討】

    READ MORE

    iPhone SEを2019年になっても使っている理由5つ【買い替えは要検討】
  3. 5G未対応の新型iPhone 11を買うべきでない理由3つ【5G対応は2020年発売】

    READ MORE

    5G未対応の新型iPhone 11を買うべきでない理由3つ【5G対応は2020年発売】
  4. iOS 13でiPhone SEやiPhone 6sはアップデート対象に!iPhone 6以前は?

    READ MORE

    iOS 13でiPhone SEやiPhone 6sはアップデート対象に!iPhone 6以前は?
  5. 即位礼正殿の儀は祝日に!なぜ10月22日に行われるのか?【令和1年限定】

    READ MORE

    即位礼正殿の儀は祝日に!なぜ10月22日に行われるのか?【令和1年限定】
  6. 1日2食ダイエットは危険?5年継続してわかったデメリットも解説

    READ MORE

    1日2食ダイエットは危険?5年継続してわかったデメリットも解説

特集記事SPECIAL ARTICLES

タグで探すTAG