logo

ガジェット

iPadOSとiOSの違いとは?新機能でどう変わるのか【マウス対応】

[最終更新日]

iPadOSとiOSの違いとは?新機能でどう変わるのか【マウス対応】

※メイン画像の出典:Apple

『iPad OSとは?iPad専用OSでなにができるの?』

こんな疑問に答えます。

こんにちは、タストテンです。

現地時間6月3日(日本時間6月4日)にAppleが世界開発者会議(WWDC 19)を開催して、iPad専用OS『iPad OS』を発表しました。

『iPad OSでなにができるんだろう?』

そんな疑問があると思いますので、今回はiPad OSについて解説していきます

この記事では、下記の流れで順番に解説していきますね。

  1. iPad OSとは?どんな機能があるの?
  2. iPadOSはいつリリースされる?
  3. iPadOSの対応端末は?
  4. 【さいごに】iPadOSの今後の最新情報にも期待

それでは、詳しく解説していきますね。

※iPadに関連する最新情報については『iPadの最新情報まとめ【レビューやアクセサリー関連の紹介もあり】』でも解説しています。

\ iPhoneを公式ショップで確認 /

iPad OSとは?どんな機能があるの?

iPad OSとは?どんな機能があるの?

iPadOSは、iPad専用のOSとなります。

今までのiPadはiPhoneと共通のiOSでしたが、iPad専用の新OS『iPadOS』が登場します。

『iPadOSにはどんな機能があるか?iOSとどう変わるのか?』

判明している範囲で下記にまとめました。

iPadOSの新機能や改良された機能

  • ホーム画面の機能が改良
  • Split Viewの機能が改良
  • 新しいジェスチャーが追加(3本指での操作も追加)
  • ファイルアプリの機能が改良されてUSBメモリやSDカードに対応(ストレージの拡張)
  • ブラウザアプリ『Safari』でPC版のWebサイトが表示できるようになった
  • Apple Pencilの反応速度(遅延)が改善
  • 今までのスクリーンキーボードを小さくしたようなミニ・スクリーンキーボードが追加
  • マウスやトラックパッドに対応

ザックリまとめると、今までのiOSの機能に加えて、Mac(PC版)の要素も追加された『いいとこ取り』のOSになりそうですね。

それでは、それぞれ解説していきます。

ホーム画面の機能が改良

ホーム画面のレイアウトが新しくなりました。

ホーム画面に、『Today View』という新機能が追加されます。

『Today View』では、今までウィジェット(通知センター)に格納されていた機能が、ホーム画面に常時表示されるようになります。

天気予報や気温、カレンダー、通知などが、ホーム画面でも確認できるようになるのは便利ですね。

Split Viewの機能が改良

Split View機能が改良されて、『同じアプリを並べることができる(同時編集できる)』ようなりました。

『同一アプリを並べることができる』ので、下記のようなことができるようになります。

  • メモアプリを並べて編集や同期ができる
  • 同じブラウザアプリを並べるて操作することができる

お気に入りのアプリを並べられるようになるのは良いですね。

個人的には『Smooz』ブラウザアプリを並べて二画面機能を使い、4画面化にしてみたいです。

新しいジェスチャーが追加(3本指での操作も追加)

テキスト編集する際のジェスチャーが、新規に追加されます。

3本指の操作で、テキストや画像のコピー&ペーストや戻る/進むといったジェスチャーができるようになります。

今まで指の操作でコピペする時はひと手間ありましたが、3本指に対応することでよりスピーディになると思われます。

テキスト編集は煩わしいところが多いので、少しでも改善されると良いですね。

ファイルアプリの機能が改良されてUSBメモリやSDカードに対応(ストレージの拡張)

クラウドストレージと本体内のファイルを表示する、『ファイル』アプリが改良されます。

Zip形式の圧縮ファイルを解凍・圧縮できるようになるとのことで、よりPCのような使い方ができるようになりそうです。

USBドライブやSDカードのサポート機能が追加されることで、ファイルアプリから外部ストレージにアクセスできるようになりました。

これにより、少ないストレージでも、今までより柔軟に対応できるようになりますね。

1TBモデルではなく、256GBモデル+外部ストレージといった選択肢でも良さそうに感じました

ブラウザアプリ『Safari』でPC版のWebサイトが表示できるようになった

ブラウザアプリ『Safari』で、PC版のWebサイトが自動で表示できるようになりました。

今までのiPadですと、PCサイトを表示する時はひと手間が必要でしたが、iPadOSになると自動でPCサイトを表示してくれるようになります。

さらに、Safari用の新規ショートカットやダウンロードマネージャーなどが追加されます。

Safariの使い勝手が向上しますので、Safari使いにとって朗報ですね

Apple Pencilの反応速度(遅延)が改善

Apple Pencilの反応速度(レイテンシ)が、『20ms』から『9ms』に向上しました。

より反応が良くなりますので、Apple Pencilで絵を描いたりメモを取る人にとっては朗報になりますね。

さらに、Apple Pencilによる操作性も向上します。

画面の隅からApple Pencilでスワイプするだけで、文書などをドキュメントに保存したり、メールを送信するといったことが可能になります。

Apple Pencilでの操作性は改良してほしい点が多くありますので、今後のアップデートにも期待ですね

今までのスクリーンキーボードを小さくしたようなミニ・スクリーンキーボードが追加

画面下いっぱいに表示していたスクリーンキーボードを小さくしたような、『ミニ・スクリーンキーボード』機能が追加されます。

今までは画面下の領域いっぱいにスクリーンキーボードが表示されていました。

ミニ・スクリーンキーボードにすれば画面領域が広がるため、キーボードが邪魔になりにくくなりますね。

外付けキーボードを使用しない人にとっては、うまく使い分けできるかもしれません

マウスやトラックパッドに対応

iPadでもマウスやトラックパッドに対応します。

以前『iPadがマウスやトラックパッドに対応するって本当?iOS 13で実装予定か』の記事でも解説しましたが、iOSではなく、iPadOSとして使用できるようになるとのこと。

マウスやトラックパッドに対応することで、ほとんどMac(PC)と同じような操作性になりそうなので、期待しています。

個人的には、今回いちばんの目玉機能ですね

マウスの操作性について紹介しているツイートがありましたので、下記に掲載します。

マウスやトラックパッドは、AssistiveTouchの機能として使用できるので、Mac(PC)とは挙動や操作性などが異なるかもしれません。

とはいえ、iPadでマウスやトラックパッドが使えるようになるのは朗報なので、楽しみにしています。

※iPadがマウスやトラックパッドに対応する内容については、『iPadがマウスやトラックパッドに対応するって本当?iOS 13で実装予定か』も併せて読んでみてください。

iPadOSはいつリリースされる?

iPadOSはいつリリースされる?

iPadOSは、6月4日よりベータ版が『開発者向けに配布』されます。

ユーザーが使用できるiPadOSの正式版は、今秋公開予定になるそうです。

おそらくですが、iOS 13と同時に公開されるのではないでしょうか。

iPadOSの対応端末は?

iPadOSの対応端末は?

iPadOSの対応端末は、下記のようになります。

  • iPad Air 2以降のすべてのモデル
  • iPad Proのすべてのモデル
  • iPad(第5世代)以降のすべてのモデル
  • iPad mini 4以降のすべてのモデル

古いモデルは対応しない(※すべてのiPadには対応しない)ようなので、ご注意ください。

【さいごに】iPadOSの今後の最新情報にも期待

【さいごに】iPadOSの今後の最新情報にも期待

※画像出典:Apple

iPadOSは、2019年の秋頃に正式リリースされる予定です。

iPadOSになることで、iOS機能に加えてMac(PC)のような使い方もできるようになるので、iPadの独自性がより高まっていきそうです。

今までiPadを所持していなかったユーザーも、購入する余地があるかもしれません。

幅広いiPad端末で対応しますので、iPadユーザーは注目していきたいところですね

今後もiPadOSについて最新情報が出てきたらまとめていきます。

参考サイト(Apple公式サイト)

\ iPhoneを公式ショップで確認 /

[最終更新日]

ガジェット

\ iPhoneを公式ショップで確認 /

プロフィール

[記事を書いた人]タストテン

横浜歴30年以上の横浜大好きブロガー。 ブログ開設1年で年間390万PVを達成。

当ブログ(P+arts:パーツ)では、実体験を基に『暮らしや仕事に役立つライフハックと雑学』を発信しています。
生活の一部として役立てることができれば幸いです。