logo

ダイエット

青汁を飲むタイミングはいつ?ダイエットや健康、便秘解消の目的別で解説

[最終更新日]

青汁を飲むタイミングはいつ?ダイエットや健康、便秘解消の目的別で解説

青汁って飲むタイミングがあるの?ダイエット目的だと、どのタイミングで飲めばいいの?

こんな疑問に答えます。

こんにちは、タストテンです。
起床後の青汁が、1日の原動力になっています

青汁を飲む適切なタイミングがあることをご存知ですか?

青汁は体に良いのでどのタイミングで飲んでもいいのですが、下記のタイミングで飲むことで、より効果的になります。

  • 食前
  • 起床時
  • 就寝前

今回は、青汁を飲むタイミングについて、ダイエット・健康・便秘解消の目的別で解説していきますね

青汁を飲むタイミングはいつが効果的なの?→目的によって異なります

青汁を飲むタイミングはいつが効果的なの?→目的によって異なります

青汁を飲むタイミングはいつが効果的なの?

という疑問があるかと思います。

青汁は、目的に合わせて飲むタイミングを決めるのがおすすめで、ベストなタイミングは『食前』・『朝』・『夜』になります。

飲めるなら、朝と夜に1杯ずつ飲んでもOK。

ちなみに僕は、『朝』の散歩前に栄養補給として飲んでいます

青汁を飲むタイミングを、目的別にすると下記になります。

  • 食前に飲む▶ダイエット効果があり(痩せたい人向け)
  • 起床時に飲む▶栄養補給に良い(健康を気にする人向け)
  • 就寝前に飲む▶便秘解消効果が上がる(便秘を解消したい人向け)

それぞれ解説しますね。

【青汁を飲むタイミング】ダイエット目的なら『食前に飲む』

【青汁を飲むタイミング】ダイエット目的なら『食前に飲む』

ダイエット目的なら、食事の10分~30分前までに青汁を飲むようにしましょう。

青汁には食物繊維が豊富に含まれているので、野菜と同じく、糖質より先に摂ることが望ましいですね。

よく「野菜から先に食べよう(ベジタブルファースト)」と言われることがあると思いますが、青汁でも同様といえます。

食前に青汁を飲むメリットは下記になります。

  • 血糖値の上昇を抑えることができる
  • 食事量を抑えることができる
  • 腹持ちが良い

それぞれ解説しますね。

血糖値の上昇を抑えることができる

青汁にも含まれている『水溶性食物繊維』により、血糖値の上昇を抑えることができます。

※水溶性食物繊維とは、水に溶けやすい食物繊維のこと。他にも水に溶けにくい『不溶性食物繊維』があり、両方とも青汁に含まれています。

『水溶性食物繊維』により、糖質の吸収を抑えることができます。

血糖値の上昇を抑えることで、糖質を体脂肪に変える『インスリン』の分泌を抑えられるので、太りにくくなるのですね。

【補足】早食いをしたり糖質を多く摂ると、血糖値が急上昇します。

血糖値が急上昇すると、上昇を抑えるために大量のインスリンが分泌されてしまい、太りやすくなってしまいます。

糖質より先に食物繊維を摂取することで、血糖値の上昇を抑えられるので、食前に青汁を飲むようにしましょう。

食事量を抑えることができる

青汁にも含まれている食物繊維により、満腹中枢を刺激して、食事量を抑えることができます。

食物繊維は満腹感を満たしやすいので、青汁に限らず、野菜などで食物繊維をしっかり摂ることをおすすめします。

ダイエットをしている人にとって、食事量を抑えられるのはありがたいですよね

腹持ちが良い

青汁にも含まれている水溶性食物繊維は、長い時間をかけて消化していくので、腹持ちが良くなります。

そのため、食事量を抑えても、青汁を飲んでいればお腹が空きにくくなります。

【青汁を飲むタイミング】健康を気にする人は『起床時に飲む』

【青汁を飲むタイミング】健康を気にする人は『起床時に飲む』

健康を気にする人は『起床時に飲む』のがおすすめ。

睡眠中に多くのエネルギーを消費しているため、起床時は最も栄養を吸収しやすい状態になります。

そのため、起床後に青汁を飲めば、水分補給&栄養補給に効果的なのです。

健康や栄養補給を気にしている人は、起床時に飲むようにしてみてください。

ダイエット目的の人は、朝食の代わりに青汁を飲む選択肢もあり

ダイエット目的の人は、朝食の代わりに青汁を飲むのも良いですね。

先ほどのダイエット目的の項でも書きましたが、青汁に豊富に含まれている食物繊維により血糖値の上昇や食事量を抑え、腹持ちをよくできます。

僕は朝食を食べない代わりに、青汁を飲むようにしていますが、空腹感を満たせますね

ダイエット目的の人は、朝食の代わりに青汁を飲むことも選択肢に入れてみてください。

【青汁を飲むタイミング】便秘を解消したい人は『就寝前に飲む』

【青汁を飲むタイミング】便秘を解消したい人は『就寝前に飲む』

便秘を解消したいなら、『就寝の2時間ほど前に飲む』のがおすすめ。

これは青汁に含まれる『不溶性食物繊維』により、排便が促進されるからですね。

※不溶性食物繊維とは、水に溶けにくい食物繊維のこと。他にも水に溶けやすい『水溶性食物繊維』があり、両方とも青汁に含まれています。

  • 不溶性食物繊維▶排便の促進に効果あり
  • 水溶性食物繊維▶血糖値の上昇を抑え、満腹感を満たしやすい

翌朝にスッキリ出したいという人は、就寝前に飲むようにしましょう

【まとめ】青汁を飲むタイミングは習慣化しよう

青汁を飲むタイミングは習慣化しよう

青汁を飲むタイミングは習慣化しましょう。

なぜなら、青汁を1日、2日飲んだからといって、すぐに改善することはまずありえないからです。

青汁を毎日飲むようにして、習慣化していきましょう。

僕のおすすめは、起床後の最初の1杯を青汁にすることですね

自分の目的に合わせて、青汁を飲んでみてください。

最後に、青汁を飲むタイミングについてまとめましたので、参考になれば幸いです。

  • 食前に飲む▶ダイエット効果があり(痩せたい人向け)
  • 起床時に飲む▶栄養補給に良い(健康を気にする人向け)
  • 就寝前に飲む▶便秘解消効果が上がる(便秘を解消したい人向け)

[最終更新日]

ダイエット

\ iPhoneを公式ショップで確認 /

プロフィール

[記事を書いた人]タストテン

横浜歴30年以上の横浜大好きブロガー。 ブログ開設1年で年間390万PVを達成。

当ブログ(P+arts:パーツ)では、実体験を基に『暮らしや仕事に役立つライフハックと雑学』を発信しています。
生活の一部として役立てることができれば幸いです。