logo

ライフハック

アマゾンプライム会員費の値上げの理由は?月会費や年会費はいくらになる?

[最終更新日]

アマゾンプライム会員費の値上げの理由は?月会費や年会費はいくらになる?

こんにちは、タストテンです。

悲報ですが、アマゾンプライム会員費が、2019年4月12日に値上げされました。

アマゾンプライム会員費を新規で契約する場合は、下記になります。

Amazonプライム会員費の改定額

  • 月会費:400円から500円(税込み)
  • 年会費:3900円から4900円(税込み)※1ヶ月あたり408円

月会費は100円の値上げ(※1年で1200円の値上げ)、年会費は1000円の値上げとなりました。

今まで安くて様々なサービスを利用することができましたが、利用してきたユーザーにとって、今回の値上げは少し辛いものがありますね

アマゾンプライム会員費の値上げ額は?すでに契約している人は適用される日が異なります

アマゾンプライム会員費の値上げ額は?すでに契約している人は適用される日が異なります

冒頭でも書きましたが、値上げ後の価格は下記になります。

Amazonプライム会員費の改定額

  • 月会費:400円から500円(税込み)
  • 年会費:3900円から4900円(税込み)※1ヶ月あたり408円

Amazonプライムの学生向けの、『Prime Student』の料金プランも同様に値上げとなります。

学生向けプランの場合

  • 月会費:200円から250円(税込み)
  • 年会費:1900円から2450円(税込み)※1ヶ月あたり204円

『新規に契約する場合』は、4月12日から上記のそれぞれの金額が適応されます。

『すでに会員登録をしている場合』は、会費プランの変更時(月会費プランから年会費プランに変更など)もしくは、『5月17日以降の請求分』から適用されます。

  • 月会費で契約している人は『5月17日以降の請求分』から値上げ分が適用(※5月16日までの月会費の支払いは従来の価格が適用)
  • 年会費で契約している人も、『5月17日以降の請求分』から値上げ分が適用(※5月16日までの年会費の支払いは従来の価格が適用)

新規契約する人と、すでに契約している人とでは値上げ後の料金の適用する日が異なりますので、ご注意ください。

アマゾンプライム会員費は、米国ではすでに値上げがされていた

アマゾンプライム会員費は、米国では2018年に値上げがされていた

日本のAmazonプライム会員費の値上げは今回が初めてとなりますが、米国では過去に何度か値上げを行っていました。

米国の最後の値上げは2018年6月16日となっており、当時は『日本でも値上げが適用されるのでは?』と言われていたようです。

ちなみに、米国でのAmazonプライム会員費の値上げ額は下記のようになっています。

  • 月会費:10.99ドルから12.99ドル
  • 年会費:99ドルから119ドル

米国では過去に何度かAmazonプライムの会員費が値上がりしていたようで、今後も値上がりする可能性があります。

日本も今回がはじめての値上げとなりましたが、今後も値上がりする可能性はあると思います(※憶測です)。

アマゾンプライム会員費の値上げの理由は?

アマゾンプライム会員費の値上げの理由は?

アマゾンプライム会員費の値上げの理由は、Amazonの担当者が理由を説明しました(※下記引用文)。

引用文

”これまで11年間さまざまな努力を重ね、会費は一度も改訂してこなかったが、(2007年の)開始時と比べて商品数や特典は大幅に増え、外部環境も大きく変わっている。

今後も新たなイノベーションを起こし続け、お客様に引き続き便利にご利用いただくために、このような決断をすることにした”

引用元

Amazonプライムの会員特典は、提供当初と比べて大幅に増え、多様化してきました。

これまでは経営努力で補っていたものの、今後のサービスのことを踏まえて値上げに踏み切ったと考えることができますね。

もともと、年会費は1ヶ月あたり325円相当と破格の安さでした。

そのため、今回の値上げは致し方ないのかなと感じています

【最後に】アマゾンプライム会員費の値上げ後も、僕はAmazonプライムは継続利用します

アマゾンプライム会員費の値上げ後も、僕はAmazonプライムは継続利用します

さいごになりますが、僕は値上げ後もAmazonプライムを継続利用します。

理由は、『値上げ後の金額で考えても、Amazonプライムの会員特典は破格のサービスだから』です。

Amazonプライムの会員特典は、Amazon公式サイトで買い物する以外にも、追加料金ナシで様々なサービスを利用することができます。

  • 配送料が無料になる
  • 注文した商品の『お急ぎ便や当日配送、日時指定が無料』で配送が早い
  • 対象の映画やTV番組が見放題(Prime Video)
  • 対象の100万曲以上の音楽が聴き放題(Prime Music)
  • 対象のKindle本や漫画、雑誌が読み放題(Prime Reading)
  • タイムセール時にAmazonプライム会員が優先的に注文できる
  • 好きなだけ(容量無制限で)写真を保存することができる(Amazon Photos)

・・・などなど。
他にも様々なAmazonプライムの会員特典が利用できます。

※Amazonプライム会員特典や30日間の無料体験についての詳細は『【30日無料体験】Amazonプライム特典と利用方法まとめ【知らないと損】』を読んでみてください。

値上げ後の年会費は、1ヶ月あたりですと408円となりますが、
408円で様々なサービスを利用できると考えれば、十分に安いと言えるのではないでしょうか?

もともとが月額325円相当と、圧倒的に安すぎでした。

値上げ後もAmazonプライムの会員特典は破格のサービスであると考えていますので、僕は今後もAmazonプライム会員を継続していきます。

個々のAmazonプライム会員特典の利用具合で、継続利用するかどうか、しっかり考えていく必要がありますね。

[最終更新日]

ライフハック

キャリアスマホを買うなら公式オンラインショップで!

ドコモ、au、ソフトバンクのスマホを買うなら、公式オンラインショップが一番おすすめです。

\ 公式ショップで確認 /