logo

ライフハック

仮眠の効果とは?短時間睡眠で脳が活性化します【知らないと損】

[最終更新日]

仮眠の効果とは?短時間睡眠で脳が活性化します【知らないと損】

仮眠の短時間睡眠ってどんな効果があるの?

こんな疑問に答えます。

こんにちは、タストテンです。

寝不足になると、日中はどうしても眠くなりますよね。

作業中に眠くなると、心身のパフォーマンスが大きく低下してしまい、作業に悪影響を及ぼします。

そんな、睡眠不足のときに効果的なのが『仮眠』です。

そこで今回は、仮眠の効果について解説していきます。

この記事では、下記の流れで順番に解説していきますね。

  1. 仮眠の効果とは?短時間睡眠で脳が活性化します
  2. 仮眠の効果で心身のパフォーマンスを向上させよう

結論を少しネタバレすると、仮眠の効果(メリット)は下記になります。

仮眠の主な効果(メリット)

  • 眠気を覚ます
  • 疲労回復できる
  • 集中力が高まる
  • リフレッシュになる
  • 思考を整理やスイッチができる

適切に仮眠を取ることで、脳を休ませ、パフォーマンスを高めていくことができます。

そのため、まずはご一読いただけると幸いです。
詳しく解説していきますね。

※この記事を読み進めるうえで、『仮眠時間は何分が最適?4つの睡眠時間を使い分けよう【方法も解説】』も併せて読むことで、より理解度が高まります。

仮眠の効果とは?短時間睡眠で脳が活性化します

仮眠の効果とは?短時間睡眠で脳が活性化します

仮眠をするとどんな効果(メリット)があるの?

仮眠は、眠気を覚ます以外にも、さまざまな効果(メリット)があります。

仮眠による主な効果(メリット)を、下記にまとめてみました。

仮眠の主な効果(メリット)

  • 眠気を覚ます
  • 疲労回復できる
  • 集中力が高まる
  • リフレッシュになる
  • 思考を整理やスイッチができる

それぞれ解説しますね。

眠気を覚ます

仮眠には、『眠気を覚ます』効果があるのはご存知だと思います。

20分前後の仮眠をとることで、眠気を覚ましつつ、疲労回復効果も期待できます。

そのため、ランチ後に眠くなる場合は、20分前後の昼寝(仮眠)がおすすめです。

注意点として、30分を超える仮眠は、本格的な睡眠になってくるので推奨できません。

本格的な睡眠になると、起きても脳が眠ったままで、頭がぼーっとしたり、ダルさを感じてしまいます。

中途半端に長い仮眠を取るより、20分程度の仮眠が効果的になるのです。

という感じで、ランチ後に眠くなる人は、20分程度の昼寝がおすすめになります。

【補足】昼寝前にホットコーヒーを飲むことで目覚め効果を高められます

補足ですが、昼寝をする前にホットコーヒーを飲むことで、カフェイン効果により、目覚め効果を高めることができます。

アイスコーヒーじゃダメなの?

  • アイスコーヒーは、飲んでから1時間後ぐらいからカフェイン効果が作用し始めます
  • ホットコーヒーは、飲んでから30分後ぐらいからカフェイン効果が作用し始めます

そのため、即効性を求めるならホットコーヒーを飲むようにしましょう。

詳しくは『眠気覚ましにおすすめな飲み物6選【カフェインが効果的】』にも書いてますので、併せて読んでみてください。

疲労回復できる

10分〜30分の仮眠をとることで、『疲労回復』効果もあります。

そのため、昼休みのようなまとまった休憩時間があるときは、20分前後の昼寝(仮眠)がおすすめです。

眠気を覚ましつつ、疲労を回復できますので、午後からの作業もはかどりやすくなりますよ。

【注意】寝る姿勢が悪いと、かえって疲れたり、体を痛めます

注意点ですが、寝る姿勢が悪いと、かえって疲れたり、体を痛めてしまいます。

とくに、机に突っ伏して仮眠すると体を痛めやすいですよね。

※『机に突っ伏して寝る』というのは、腕を枕にして机にうつ伏せて寝ることをいいます

そうならないためにも、『昼寝用の枕』を使うのがおすすめです。

集中力が高まる

短時間(30分以内)の仮眠をとることで、『集中力アップ』効果もあります。

仮眠には、下記のような、脳にとって良い効果もあります。

  • 思考の整理
  • 意識の切り替え(スイッチ)
  • 感情のリセット
  • 気分のリフレッシュ

このように、仮眠は脳を休ませることができ、思考の整理やリセット、リフレッシュにつながり、脳が活性化します。

短時間の仮眠は、パソコンでいう『再起動』のような感じですね。

短時間の仮眠は、瞑想に近い効果を得られます。

そのため、集中力アップ効果を期待するなら、5分以内の仮眠がおすすめですね。

リフレッシュになる

短時間(30分以内)の仮眠をとることで、『リフレッシュ』効果もあります。

仮眠をとることで、気分をリフレッシュすることができます。

また、仮眠は『悩み』や『イライラ』などのストレスに対しても十分に効果があります。

考え事や仕事でちょっと煮詰まった時は、数分の仮眠をとることで、気分転換になりますよ

思考を整理やスイッチができる

短時間(30分以内)の仮眠をとることで、『思考の整理やスイッチ』効果もあります。

先ほど解説した『集中力アップ』と同様に、短時間の仮眠をとることで、下記のような脳にとって良い効果があるのです。

  • 思考の整理
  • 意識の切り替え(スイッチ)
  • 感情のリセット
  • 気分のリフレッシュ

上記のように、仮眠には思考の整理やスイッチ効果もあり、脳が活性化します。

そのため、考え事や仕事でちょっと煮詰まった時は、数分間の仮眠がおすすめです。

仮眠の効果で心身のパフォーマンスを向上させよう

仮眠の効果で心身のパフォーマンスを向上させよう

仮眠の効果で、心身のパフォーマンスを向上させましょう。

数分間の仮眠で脳の活性化を図り、20分前後の仮眠で目を覚ましたり、疲労を回復するのが効果的です。

とはいえ、単に寝不足で仮眠に頼るといったことはなるべく避けたほうが良いですね。

適切に睡眠時間を確保しつつ、必要に応じて仮眠をとることをおすすめします。

[最終更新日]

ライフハック

\ iPhoneを公式ショップで確認 /