logo

ライフハック

気分が落ち込む人は美味しい料理を食べよう!【口福→幸腹→幸福】

[最終更新日]

気分が落ち込む人は美味しい料理を食べよう!【口福→幸腹→幸福】
  • 『失敗して気分が落ち込んだ』
  • 『休日明けで仕事のやる気が出ない…』

こんな悩みに答えます。

こんにちは、タストテンです。

ダルかったり、うまくいかなかったときに、気分が落ち込んでしまうことってありますよね。

そんな時は、美味しい料理を食べて、活力にしましょう!

今回は、気分が落ち込む人に対して解説していきます。

この記事では、下記の流れで順番に解説していきますね。

  1. 気分が落ち込む人は美味しい料理を食べよう!
  2. 料理は五感を刺激する
  3. 美味しい料理を食べることで落ち込んだ気分を回復させる4つの理由
  4. 美味しい料理は、口福から幸腹に通じて幸福に至ります

結論を簡潔にまとめますと、『美味しい料理を食べて、幸福感を満たし、行動の活力にしましょう』です。

『美味しい料理は、口福から幸腹に通じて幸福に至ります』

気分が落ち込んだときこそ美味しい料理を食べて、活力にしましょう!
それでは、詳しく解説していきますね。

気分が落ち込む人は美味しい料理を食べよう!

気分が落ち込む人は美味しい料理を食べよう!

  • 『失敗して気分が落ち込んだ』
  • 『休日明けで仕事のやる気が出ない…』

ダルかったり、うまくいかなかったり、失敗したときに、気分が落ち込んでしまうことがありますよね。

そんなときにおすすめなのが、『美味しいものを食べる』ことです。

料理を食べると、通常は満腹感や満足感が味わえると思います。
それが美味しいものであるならば、さらに心が満たされ、幸福感を感じられるようになります。

美味しい料理というのは人を魅了します。
ときには、行列に並んででも食べたい料理ってありますよね。

他にも、美味しいものを食べたいがために旅行する人も多くいますよね。

それだけ美味しい料理は、モチベーションや原動力になりえるということです。

気分が落ち込んだときこそ、美味しい料理を食べましょう。

料理は五感を刺激する

料理は五感を刺激する

料理は味覚だけで味わうわけではありません。五感で味わいます。

美味しそうな見た目や美味しそうな匂い、サクッとした揚げ物のそしゃく音、食感など、五感を刺激しているのです。

  • 味覚:いちばん重要な感覚です。美味しい料理は味覚も喜びます
  • 視覚:美味しい物は、見ただけでそそられますよね
  • 嗅覚:料理の匂いも大切です。鼻づまりだと味が感じにくいですよね
  • 聴覚:咀嚼音(そしゃく音)も重要で、揚げ物や麺類などは顕著ですね
  • 触覚:食感、歯ごたえなど、口の中の感覚になります

このように、料理は五感を刺激します。
そして五感を刺激することで、より脳に伝達することができるのです。

五感を刺激するだけなら、美味しい料理じゃなくてもいいんじゃない?

という疑問もあると思います。

では、こんな経験ありませんか?

いつもより高いお店で美味しい料理を食べた時、満腹感や満足感だけでなく、『幸福感』も感じられたと思います。

料理で幸福感を感じるのは、美味しいものを食べた時になります。
そのため、ただの料理ではなく、美味しい料理を食べることで、幸福感をより脳に伝達させることができるのです。

気分が落ち込んだときこそ、美味しい料理を食べることが大切です。

美味しい料理は、口福から幸腹に通じて幸福に至ります

美味しい料理は、口福から幸腹に通じて幸福に至ります

『美味しい料理は、口福から幸腹に通じて幸福に至ります』

  • 美味しい料理を口に含めたら、口が幸せになり、口福です
  • そしゃくして、お腹いっぱい満たせば、幸腹です
  • 食欲が満たされ、幸福感を感じて、幸福に至るのです

キャッチコピーっぽいですが、美味しいものを食べたら幸福感で満たされるという、本記事の根幹部分になります。
ちなみに、下記のツイートが基になります。

嫌なことがあったら、美味しいものを食べましょう

美味しいものを食べれば、お腹も気分も満たされ幸せになります😋

口福から始まり、幸腹に通じて、幸福に至ります😊

※前半部分は関係ないので割愛

こんな感じで、『嫌なことがあったら、美味しいものを食べてお腹も気分も満たしましょう』という結論になります。

  • 『失敗して気分が落ち込んだ』
  • 『休日明けで仕事のやる気が出ない…』

気分が落ち込む人は、美味しい料理を食べて、幸福感で満たし、活力にしましょう!

[最終更新日]

ライフハック

\ iPhoneを公式ショップで確認 /