logo

ライフハック

昼寝の時間は長いとダメ?食後は短めの睡眠で心身をリフレッシュしよう

[最終更新日]

昼寝の時間は長いとダメ?食後は短めの睡眠で心身をリフレッシュしよう
『昼寝の時間って長いとダメなの?短いと疲れが取れない気がするんだけど…』

こんな疑問に答えます。

睡眠不足だと眠くて辛いので、ついつい長めの昼寝をしちゃいますよね。

ですが、長めの昼寝(仮眠)は本格的な睡眠になってくるためおすすめできません。

そこで今回は、昼寝の時間の疑問や、理想的な昼寝の時間について解説していきます。

この記事では、下記の流れで順番に解説していきますね。

  1. 昼寝の時間は長いとダメ?【回答:昼寝は30分以内にしよう】
  2. 昼寝の時間は20分前後が理想的です
  3. 【補足】眠気を覚ますなら、昼寝前にホットコーヒーを飲むのがおすすめ
  4. 【さいごに】昼寝の時間は短めに。食後の睡眠で心身をリフレッシュしよう

結論を簡潔にまとめますと、『昼寝の時間は30分を超えると本格的な睡眠になるため、30分以内にしましょう』です。

昼寝の時間が長すぎると起きれなくなったり、頭がボーッとして心身のパフォーマンスが逆に低下してしまいます。

そのため、適切な昼寝の時間にしましょう。

※昼寝(仮眠)の時間については『仮眠時間は何分が最適?4つの睡眠時間を使い分けよう【方法も解説】』にも詳しく解説していますので、併せて読んでみてください。

昼寝の時間は長いとダメ?【回答:昼寝は30分以内にしよう】

昼寝の時間は長いとダメ?【回答:昼寝は30分以内にしよう】

『昼寝の時間って長いとダメなの?短いと疲れが取れない気がするんだけど…』

冒頭にもあった疑問ですが、回答としては『昼寝の時間は30分以内、理想は20分前後。それ以上の昼寝はNG』です。

昼寝の時間が長いとダメなのはなんで?

という疑問があると思いますので、次の項で解説していきますね。

昼寝の時間が中途半端に長いのがNGな理由

昼寝の時間が30分を超えるのは、あまり良くありません。
理由は主に、下記になります。

  • 本格的な睡眠状態に入るため
  • 夜に眠れなくなる恐れがあるから

それぞれ解説していきますね。

本格的な睡眠状態に入るため

長めの昼寝をしたあと、起きられなかったり、頭がボーッとなる経験はありませんか?

30分を超える昼寝になってくると、本格的な睡眠状態になります。

本格的な睡眠に入ると、脳が完全に寝る状態になってしまいます。
そうして、昼寝から起きられなくなったり、無理に起きても頭がボーッとしてしまうのです。

眠気を覚ますために昼寝をしているのに、頭がボーッとして心身がダルくなったら本末転倒ですよね。

そのため、30分を超える昼寝はおすすめできません。

夜に眠れなくなる恐れがあるから

長時間の昼寝(仮眠)をとると本格的な睡眠状態になり、夜に眠れなくなる恐れがあります。

いわゆる『寝すぎ』ですね。

こんな経験、誰もがあると思います。

休日にゴロゴロしてたら、夕方まで寝てしまっていた…。

上記のように、長めの仮眠をしてしまうと、夜の睡眠に影響が出てくる恐れがあります。

すると、生活習慣が乱れてくるようになり、昼間に強烈な眠気に襲われるなど、生活リズムが崩れていきます。

『疲れているからたくさん昼寝したい』という気持ちはよくわかります。

ですが、寝すぎると夜に眠れなくなる恐れがあるため、30分を超える昼寝はおすすめできません。

昼寝の時間は20分前後が理想的です

昼寝の時間は20分前後が理想的です

前の項では、『昼寝の時間が長いと本格的な睡眠になり、頭がボーッとしたり、夜に眠れなくなる恐れがある』ことを解説してきました。

では、昼寝の時間は何分が理想的なのでしょうか?

その回答としては、『昼寝の時間は20分前後が理想的』です。

そして、この20分前後の睡眠のことを『パワーナップ』といいます。

パワーナップについては次で解説しますね。

パワーナップとは?

パワーナップとは、『15分から30分の仮眠』の区分のことをいいます。

より厳密にいうと、20分前後の仮眠がパワーナップにあたります。

パワーナップは、ガッツリと仮眠することで眠気を覚ますことができ、リフレッシュや思考の整理、疲労回復にも効果的です。

そのため、昼寝をするならパワーナップ(15分から30分の仮眠)がおすすめなのです。

※仮眠の区分は、パワーナップを含めて4つあります。
それぞれの詳細は『仮眠時間は何分が最適?4つの睡眠時間を使い分けよう【方法も解説】』を読んでみください。

20分前後の仮眠をとる際の注意点

昼寝の時間は20分前後が理想的です。
ですが、20分ほど仮眠をとっていると、腕や首、肩や腰などが痛くなってくると思います。

これは、寝る姿勢が悪いのが原因です。

机に突っ伏して寝ると、腕が痺れたり、おでこに跡がついたり、首を痛めたりしてしまいますよね。

そうならないようにするためには、『昼寝用の枕を使用する』のがおすすめです。

昼寝用の枕には、下記のようなタイプ(形状)があります。

  • 机に突っ伏して眠れるタイプの枕
  • 椅子に寄りかかって眠れる、首に巻くスカーフタイプの枕
  • 椅子に寄りかかって眠れる、U字型の枕

上記のように、寝る姿勢によって枕を選ぶようにしましょう。

昼寝に最適な枕については『昼寝に効果的!おすすめの快眠できる枕4選【会社でも仮眠しよう】』で詳しく解説していますので、併せて読んでみてください。

【補足】横になって昼寝するのはおすすめできません

補足ですが、横になって昼寝をするのはおすすめできません。

なぜなら、横になって仮眠すると、本格的な睡眠状態(深い眠り)に陥りやすいからです。

深い眠りに陥ると、昼寝から起きれなくなったり、頭がボーッとして心身がダルくなる恐れがあります。

そのため、横になって昼寝をするのはおすすめできません。

【補足】眠気を覚ますなら、昼寝前にホットコーヒーを飲むのがおすすめ

【補足】眠気を覚ますなら、昼寝前にホットコーヒーを飲むのがおすすめ

補足ですが、眠気を覚ましたいなら、昼寝前にホットコーヒーを飲むのがおすすめです。

※アイスコーヒーですと、カフェイン効果が出てくるのが1時間後ぐらいですが、ホットコーヒーにすることで、早ければ30分後からカフェインが効いてきます。

20分前後の昼寝をする前にホットコーヒーを飲むことで、昼寝後にカフェイン効果が出てきて、眠気を覚ますことができます。

そのため、眠気を覚ましたいなら、昼寝前にホットコーヒーを飲むのがおすすめです。

【さいごに】昼寝の時間は短めに。食後の睡眠で心身をリフレッシュしよう

【さいごに】昼寝の時間は短めに。食後の睡眠で心身をリフレッシュしよう

さいごになりますが、昼寝の時間は20分前後の短めにして、食後に寝るようにしましょう。

食後は眠くなりやすく、消化活動により内臓にも負担がかかります。
そのため、食後は安静にするために昼寝をするのがおすすめです。

20分前後の昼寝出、心身をリフレッシュして、午後の作業に臨んで行きましょう!

[最終更新日]

ライフハック

\ iPhoneを公式ショップで確認 /