【サムスン】折り畳みスマホ発売延期!新型iPhoneも折りたたみになる?

[最終更新日]

[最終更新日]

こんにちは、タストテンです。

サムスンの折り畳めるスマホ『Galaxy Fold(ギャラクシーフォールド)』の発売を、当初予定の2019年26日から来月以降に延期すると発表しました。

スマホを試用した米メディアから、『不具合』を指摘する報道が多数あったことからとされています。

ここ最近、Android端末では、続々と折りたたみスマホに関する発表や情報が出てきていますね。

ファーウェイの『Mate X(メイト・エックス)』と呼ばれるスマホは、8インチの有機ELの液晶画面を二つ折りできるタイプの折りたたみスマホになり、2019年6月頃に発売されるという発表がありました。

また、サムスンも『Galaxy Fold(ギャラクシー・フォールド)』という折りたたみタイプのスマホを発表し、4月26日に発売される予定としています。

このように、Android端末では着々と『折りたたみスマホ化』が進んでいます。

しかし、価格が高いという情報があり、ファーウェイの『Mate X(メイト・エックス)』は約28万7千円、サムスンの『Galaxy Fold(ギャラクシー・フォールド)』が約21万7千円と、最低でも20万円以上のスマホが登場することになります。

正直、価格が高すぎて売れるとは考えにくいですが、折りたたみスマホの技術としては大変素晴らしいものであります。

そこでiPhoneユーザーとして気になるのは、『新型のiPhoneも折りたたみになるのか?』です。

今回は、新型のiPhoneも将来的に折りたたみスマホを発売するのかについて解説します。

結論から言いますと、

  • 将来的に新型iPhoneが折りたたみスマホとして発売される可能性は『高い』
  • ただし、2019年の新型iPhoneが折りたたみスマホとして発売される可能性は『低い』

詳しく解説していきますね。

この記事でわかる事

  • 将来的に新型iPhoneが折りたたみスマホになる可能性は『高い』
  • 2019年の新型iPhoneが折りたたみスマホになる可能性は『低い』
  • 折りたたみスマホの価格は高く、新型の折りたたみiPhoneも価格が高くなるのは確定的

\ iPhoneを公式ショップで確認 /

新型iPhoneも折りたたみスマホになるの?

折りたたみスマホに関しては、Android端末ではGalaxyやファーウェイなど、続々と正式発表しています。

それでは、iPhoneの方はどうでしょうか?

Appleは、折りたたみタイプのスマホを開発しているという情報が出てきています。

これはAppleが、折りたたみスマホに関する特許申請書が公開されているのと、折りたたみiPhoneを熱で保護するという特許も申請しています。

これにより、折りたたみタイプのiPhoneが将来的に発売される可能性は高いと言えます。

【補足】熱を使って折りたたみiPhoneを保護するという特許とは?

熱を使って折りたたみiPhoneを保護するという特許は、ディスプレイの温度が低い状態で折り曲げた時の破損を防ぐ目的で、2月28日にAppleが申請したものです。

詳しい内容につきましては、下記の記事などを参考にしていただけると幸いです。

折りたたみの新型iPhoneは2019年に発売するのか?

Appleが折りたたみタイプの新型iPhoneを発売する可能性が高いということですが、折りたたみの新型iPhoneは2019年に発売するのでしょうか?

推測ですが、発売される可能性は『かなり低い』です。

というのも、折りたたみタイプのiPhoneに関する、ちゃんとした情報が出てきたのは2019年からです。

簡単に言うと、『2019年中の発売には間に合わない』と思っています。

2019年のiPhoneは5Gに対応するかどうかや、USB–Cに対応するのか?など、大幅なアップデートが期待されています。

その中で、最新技術の塊でもある『折りたたみタイプのiPhone』まで発売できるほどのリソースは足りていないと感じます。

そもそも、Appleにとって折りたたみスマホの技術開発自体が後追いなので、2019年内に技術を確立して発売までいけるとは思えません。

推測の域は出ませんが、折りたたみiPhoneは、早くても2020年以降になると思います。

折りたたみiPhoneの最大の懸念は『価格』

折りたたみiPhoneが発売されるとして、最大の懸念材料は『価格』ですよね。

すでに発表・発売が確定している、ファーウェイの『Mate X(メイト・エックス)』は約28万7千円、サムスンの『Galaxy Fold(ギャラクシー・フォールド)』が約21万7千円と、ついにオプションなしでも20万円以上のスマホが登場することになります。

Appleとしては、有機ELの液晶画面を搭載したいでしょうから、もしかしたら30万円を超えてくる可能性もあります。

もはやハイスペックPCを超えてくる価格ですね・・・。

これからのスマホのトレンドは折りたたみスマホになるのか?

これからのスマホのトレンドは折りたたみスマホになるのでしょうか?

現時点では価格が高すぎて、需要が少ないと感じています。

とはいえ、開発が進んでコストカットをしていけば、もっと価格が抑えられるとは思います。

今後折りたたみスマホがトレンドとなれば、スマホの高価格路線は飛躍的に進むことになりますので、低所得者層にとっては辛いですよね。

なので、『従来のスマホと折りたたみスマホを共存』しつつ、需要次第では従来のスマホの方をより良くしていくという選択になる可能性もあります。

折りたたまない初期の携帯電話 → 折りたたむタイプの携帯電話 → 折りたたまないハイスペックのスマホ → そして折りたたむハイスペックのスマホに進化しつつあります。

  • 2020年代のトレンドは折りたたみタイプのスマホ・折りたたみiPhoneになるのか?
  • それとも折りたたまない従来のスマホが勝るのか、それとも新たな技術が登場するのか?

今後も動向を楽しみに探っていきます。

【追記】米Appleより、正式にアップル発表イベントの開催を発表しました。

米Appleより、正式にアップル発表イベントの開催を発表しました。

アップル独自の動画配信サービスや、新製品の発表が予想されています。

詳しくは『2019年3月のアップル発表イベントの最新情報まとめ。新製品に注目!』にも書いてありますので、興味がありましたら読んでみて下さい。

\ iPhoneを公式ショップで確認 /

[最終更新日]

▼ この記事をシェア ▼

\ iPhoneを公式ショップで確認 /

プロフィール

[記事を書いた人]タストテン

横浜育ちの"ハマ"っ子。
1日を充実するために早起きをして朝活に取り組んでいます。
文章を書くのが好きで、他にも本を読んだり美味しいものを食べたり、クロスバイクでサイクリングしたり、飼っている猫をモフったりするのが生きがいです。

人気記事POPULAR ARTICLES

  1. 令和元年はいつから?平成31年はいつまで?公表と施行・改元は異なります

    READ MORE

    令和元年はいつから?平成31年はいつまで?公表と施行・改元は異なります
  2. iPhone SEを2019年になっても使っている理由5つ【買い替えは要検討】

    READ MORE

    iPhone SEを2019年になっても使っている理由5つ【買い替えは要検討】
  3. 5G未対応の新型iPhone 11を買うべきでない理由3つ【5G対応は2020年発売】

    READ MORE

    5G未対応の新型iPhone 11を買うべきでない理由3つ【5G対応は2020年発売】
  4. 即位礼正殿の儀は祝日に!なぜ10月22日に行われるのか?【令和1年限定】

    READ MORE

    即位礼正殿の儀は祝日に!なぜ10月22日に行われるのか?【令和1年限定】
  5. iOS 13でiPhone SEやiPhone 6sはアップデート対象に!iPhone 6以前は?

    READ MORE

    iOS 13でiPhone SEやiPhone 6sはアップデート対象に!iPhone 6以前は?
  6. 1日2食ダイエットは危険?5年継続してわかったデメリットも解説

    READ MORE

    1日2食ダイエットは危険?5年継続してわかったデメリットも解説

特集記事SPECIAL ARTICLES

タグで探すTAG