logo

ガジェット

iPhoneのケースなしがダメな理由5つ【3年半ケースなしで過ごした結論】

[最終更新日]

iPhoneのケースなしがダメな理由5つ【3年半ケースなしで過ごした結論】
『iPhoneをケースなしで使用したいんだけど、やっぱり傷とかはついちゃうのかな?』

こんな悩みに答えます。

こんにちは、タストテンです

『iPhoneをケースなしで使用したい!』という人は、少なからずいると思います。

僕もその中のひとりで、僕はiPhone SEをケースなしで3年半ほど使用してきました。

3年半ケースなしでiPhone SEを使用してきた結論としては、『ケースなしで使用するのはおすすめしない』です。

今回は、ケースなしを勧めない理由について、実際に使用したiPhone SEの画像つきで解説していきますね

※ちなみに、ケースなしで背面保護フィルムも貼っていません。液晶保護フィルムは使用しています。

\ iPhoneを公式ショップで確認 /

iPhoneをケースなしで3年半使用した結果

iPhoneをケースなしで3年半使用した結果

僕は3年半ほど、iPhone SEをケースなしで使用してきました。

下記の写真が、僕が実際に使用していたiPhone SEになります。

🔻側面側:欠けている箇所があります

🔻背面側:こすったような傷があります

上記の写真の赤丸部分に、主だった傷がついています。

こうしてみると、かけている部分が目立ちますね

大きな損傷はないものの、3年半もケースなしで使用していると、それなりに傷がついてしまうことがわかると思います。

iPhone SEは小型なので落としにくいですが、大型のiPhoneになってくると落下のリスクが高まるため、もっとひどい状態にもなりえますね。

iPhoneのケースなしがダメな理由5つ【3年半ケースなしで過ごした結論】

iPhoneのケースなしがダメな理由5つ【3年半ケースなしで過ごした結論】

iPhoneをケースなしで3年半使用してきた結論としては、『iPhoneをケースなしで使用するのはおすすめしない』です。

iPhoneのケースなしがダメな理由は5つあり、下記になります。

  • どうしても背面や側面に傷がつくから
  • 買取価格(査定価格)が下がるから
  • iPhone 6以降は背面カメラが出っ張っているから
  • 背面ガラスで滑りやすいから
  • 落下すると深刻な破損に繋がりやすくなり、修理代が高くなるから

それぞれ解説していきますね。

どうしても背面や側面に傷がつくから

iPhoneのケースなしがダメな理由として、『背面や側面に傷がつくから』です。

落下させなくても、置いたときやバッグから取り出すなどで、細かいすり傷がついてしまいます。

そのため、長い間使用していると、どうしても細かい傷がついてしまいますね。

僕のiPhone SEも、ちょっとぶつけたりして背面や側面に傷がついてしまいました

iPhoneは決して安い買い物ではないため、きれいな状態で大事にしたいなら、ケースなどでiPhoneを保護しましょう。

買取価格(査定価格)が下がるから

iPhoneをケースなしにしていると、どうしても傷がついてしまうため、買取価格(査定価格)が下がります。

iPhoneを中古で販売しているサイトがあるのでチェックしましたが、傷の付き具合でランクが決定しており、傷が目立つものは価格も安くなっていますね。

破損はもちろんですが、傷ありでも買取の査定価格に大きな影響となりますので、将来的にiPhoneを売りたいと考えているのでしたらケースつきにして大切に使用しましょう。

iPhone 6以降は背面カメラが出っ張っているから

iPhone 6以降は背面カメラが出っ張っているため、置くと不安定になってしまいます。

置くことで背面カメラがテーブルと接地するため、背面カメラに傷がつく可能性もありますね。

iPhoneをテーブルに直置きするのでしたら、ケースつきにすることをおすすめします。

背面ガラスで滑りやすいから

iPhoneをケースなしで使っていると、背面のガラスに手汗などが付着して、滑りやすくなってしまいます。

滑りやすくなるということは、操作中に落下させる危険性が増すということになりますよね。

とくに夏場は汗をかきやすくなるため、滑らないように気をつける必要があります。

落下すると深刻な破損に繋がりやすくなり、修理代が高くなるから

iPhoneをケースなしで使っていると、落下時に深刻な破損となることが多くなってしまいます。

背面ガラスや液晶がひび割れてしまうと、修理代が高くなりますよね。

AppleCare+に加入されている場合は、画面の修理でしたら3,400 円ほどで済みますが、加入していないと機種によっては10倍もの値段になってしまうことも…。

高い修理代にならないためにも、ケースを装着して破損防止をおすすめします

※修理代金の詳細は、Apple公式サイトをご確認ください。

iPhoneをケースなしにするメリットもあり

iPhoneをケースなしにするメリットもあり

iPhoneのケースなしがダメな理由について解説しましたが、ケースなしにするメリットもあります。

  • ケースなしの分だけ軽くなる
  • ケースなしの分だけ、熱がこもりにくい

それぞれ解説していきますね。

ケースなしの分だけ軽くなる

iPhoneをケースなしで使用するメリットとして、『ケースなしの分だけ軽量化される』点が挙げられます。

端末サイズやケースによりますが、手帳型のケースですとかなり重くなりますし、シンプルなケースでも20g前後は重くなるのではないでしょうか。

iPhone 11 Pro Maxなどはケースなしでも200gを超えるため、あまり重くなるのは避けたいところですよね。

毎日なんども手に持つものだからこそ、少しでも軽量になるのが望ましいといえます

ケースなしの分だけ、熱がこもりにくい

iPhoneはケースなしの分だけ、熱がこもりにくくなります。

重いアプリを使用しているとバッテリーが熱を持ちますが、ケースをつけていると放熱されにくくなり、熱がこもりやすくなってしまいます。

放熱ができないと、iPhoneの動作が極端に重くなったり、バッテリーの劣化につながってしまうため、ケースなしのほうがiPhoneにとって良いといえます。

【まとめ】iPhoneはちゃんと保護しよう

iPhoneはちゃんと保護しよう

結論になりますが、やはりiPhoneはちゃんと保護するようにしましょう。

僕がiPhone SEをケースなしで使用したのは、コンパクトさを損なわせたくないからでした。

しかし最近のiPhoneはどれも大型になり、落下するリスクが上がっているため、ケースなしはあまりおすすめできません。

iPhoneを長く愛用したいのであれば、ケースやバンパーなどを使用してiPhoneを保護してください。

ちなみに僕は2019年9月中旬に、iPhone 8に買い替えました。

iPhone 8は下記のバンパーを使用して保護していますので、参考になれば幸いです。

🔻ESR iPhone8 バンパー ケース

※背面までしっかり保護したい場合は、iPhoneの美しいデザインを損なわない、下記のようなクリアケースがおすすめです。

🔻Humixx iPhone8 ケース

※僕がiPhone 11ではなくiPhone 8を選んだ理由については、『iPhone 11ではなくiPhone 8を購入した4つの理由【ホームボタンは魅力】』で解説しています。

※どのiPhoneを購入するか迷っている方は、『【比較】2019年にiPhoneを買うならおすすめの機種はどれ?【増税前に決断】』も参考になるかもしれません。

\ iPhoneを公式ショップで確認 /

[最終更新日]

ガジェット

キャリアスマホを買うなら公式オンラインショップで!

ドコモ、au、ソフトバンクのスマホを買うなら、公式オンラインショップが一番おすすめです。

\ 公式ショップで確認 /