logo

ライフハック

12月23日が祝日から平日になったのはなぜ?2019年は天皇誕生日がない年に

[最終更新日]

12月23日が祝日から平日になったのはなぜ?2019年は天皇誕生日がない年に

12月23日が祝日から平日になったのはなんで!?休みたいのに!!

こんな疑問に答えます。

こんにちは、タストテンです

2019年から、12月23日は祝日ではなく平日になりましたが、なぜ祝日じゃなくなったのか疑問に思う人もいると思います。

そこで今回は、12月23日が祝日から平日になった理由について解説していきますね。

クリスマスシーズンにデートや忘年会などの予定を立てている人は、12月23日が平日なのに注意してください。

12月23日が祝日から平日になったのはなぜ?

12月23日が祝日から平日になったのはなぜ?

なんで12月23日が平日になっちゃったの?

と疑問に思う人もいますよね。

12月23日が祝日から平日になった理由は、『新しい天皇陛下が即位され、天皇の誕生日が変更となったから』です。

祝日法で祝日が改正され、天皇誕生日の日にちが『新しい天皇陛下の誕生日である2月23日』となりました。

そのため、平成のときに祝日だった12月23日が平日となり、令和になってから『2月23日が天皇誕生日(祝日)』となったのですね。

【補足】天皇誕生日が2月23日になったので、2020年2月23日前後は3連休になる

余談ですが、天皇誕生日が2月23日になったので、2020年2月23日前後は3連休になります。

2020年2月23日は日曜日なので、振替休日により月曜日も休みとなるため、2月22日~24日で3連休となるからですね。

せっかくなので、旅行などの予定を立ててみるのも良いですね

【余談】12月23日が平日で、新しい天皇誕生日は2月23日になるので、2019年は天皇誕生日(祝日)がない年に…

余談ですが、12月23日が平日で、新しい天皇誕生日は2月23日になるので、2019年は天皇誕生日(祝日)がない年になりますね。

『祝日を1日損した!』と思うかもしれませんが、10月22日が即位礼正殿の儀で休日になるので損はしていません。2019年はゴールデンウィークに休みが増えて10連休になっているので、むしろ増えてますね。

※10月22日が祝日になる理由については、『即位礼正殿の儀は祝日に!なぜ10月22日に行われるのか?【令和1年限定】』でまとめています。

12月23日が去年までのように祝日だったら、今年の12月は3連休だっただけに、ちょっと残念な気持ちになりますね

12月の3連休がなくなったため、デートや忘年会などの予定を入れようとしている人は気をつけてください。

【考察】12月23日は将来的に祝日になる?

【考察】12月23日は将来的に祝日になる?

12月23日は平日となりましたが、将来的には祝日になる可能性があります(※あくまで可能性の段階ですね)。

というのも、12月23日が天皇誕生日になる前は、『4月29日』が天皇誕生日でした。

平成になり新しい天皇陛下が即位されたため、この4月29日は天皇誕生日から昭和の日(※当時は『みどりの日』でした)になったのです。

もともと天皇誕生日だった4月29日が現在の『昭和の日』なので、12月23日は将来的に『平成の日』になる可能性があるといえますね。

もちろん、現段階では『12月23日が祝日になるという発表はありません』ので、勘違いされないようご注意いただければと思います。

将来的に12月23日が平成の日になって、祝日が増えると良いですね

【まとめ】12月23日は平日になり、2月23日が新たに祝日となります

12月23日は平日になり、2月23日が新たに祝日となります

12月23日は平日になり、2月23日が新たに祝日となります。

平成から令和に変わり、少しずつ変化していってますね。

祝日の変更は忘れがちになるので、予定を組まれる方はカレンダーをよく確認してください。

最後に、この記事の要点を下記にまとめましたので、参考になれば幸いです。

要点まとめ

  • 12月23日が祝日から平日になったのは、新しい天皇陛下が即位され、天皇の誕生日が変更となったから
  • 新しい天皇誕生日は2月23日なる(2020年から)
  • 2020年の天皇誕生日前後は3連休になる
  • 将来的に、12月23日が平成の日になるかも?

※10月22日が令和元年に限り祝日となります。詳しくは、『即位礼正殿の儀は祝日に!なぜ10月22日に行われるのか?【令和1年限定】』でまとめています。

[最終更新日]

ライフハック

\ iPhoneを公式ショップで確認 /