logo

ライフハック

寒くて眠れない夜は『レッグウォーマー』を履いて寝よう【注意点あり】

[最終更新日]

寒くて眠れない夜は『レッグウォーマー』を履いて寝よう【注意点あり】

冬のこの時季、寒くて眠れないことってありませんか?

そういう時は毛布を1枚追加したり、インナーを着込んだり、暖房をつけたり湯たんぽを使うなどして、寒さ対策をすると思います。

寒い夜は睡眠時に靴下を履く人が多くなりますが、靴下を履いて寝るのはあまり良くありません(理由は後述します)。
靴下は良くありませんが、替わりにおすすめできるのが、『レッグウォーマーを履く』ことです。

今回は、靴下を履いて寝てはいけない理由と、レッグウォーマーを履いて寝ることによる効果やレッグウォーマーの選び方を解説していきます。



靴下を履いて寝てはいけない理由は?

『どうして靴下を履いて寝たらダメなの?』

冒頭でも書きましたが、靴下を履いて寝ることダメな理由があります。
下記にその理由をまとめました。

ダメな理由

  • 締めつけ具合が悪いから
  • 汗の放湿性が悪いから
  • 体温調節がうまくできなくなるから

ひとつずつ解説します。

締めつけ具合が悪いから

靴下のほとんどは、歩行時にずり落ちないように、靴下の口のゴムで足を締めつけています。
締めつけのキツイ靴下の場合は、脱いだ時にゴム跡がつくほどですよね。

歩いているときは血行が促進されているため問題ないのですが、寝ている状態というのは動かないため、足の血行が悪くなってしまいます。
その結果、暖めるために靴下を履いたのに、かえって寒さを感じてしまいます。

汗の放湿性が悪いから

人間は寝ている時も多量の汗をかきます。それは冬場でも同様です。
汗をかくことで靴下が湿り、つま先を覆っているため放湿性が悪く、乾きにくいです。

結局、こちらもかえって足元が冷たくなってしまうのです。
暖かくするために靴下を履いているのに、これでは逆効果ですよね。

体温調節がうまくいかなくなるから

寝ている時に、体温を調節するために足の裏から多量に汗をかきます。
靴下を履いていると余計に汗をかいてしまい、体温調節がうまくいかなくなります。

汗を余計にかいた結果、体温が低下してしまいます。

以上の理由により、靴下を履いて寝ても暖かくなるどころか、逆に冷えてしまうことになります。
靴下を履いても、寒さ対策にならないということですね。

それでも、どうしても靴下を履いて寝たい場合は?

どうしても靴下を履いて寝たい場合は、放湿性のあるシルク生地の靴下を履きましょう。
また、生地が薄く、口のゴムが緩めの靴下を履くことで、血行も悪くなりにくくなります。

でも、その靴下を改めて用意するより、レッグウォーマーを履いた方が良いです。

寝るときはレッグウォーマーがおすすめ

寒くて眠れないという人は、靴下ではなくレッグウォーマーを履いて寝るのがおすすめです。

レッグウォーマーは女性向けなイメージがありますが、男性用のもありますし、寝る時に履く分には気にならないと思います。

レッグウォーマーを勧める理由は、『締めつけが緩く、つま先を覆わないでふくらはぎを暖めることができるから』です。

靴下を履いてはいけない理由で述べていた、

ダメな理由

  • 締めつけ具合が悪い
  • 汗の放湿性が悪い
  • 体温調節がうまくできなくなる

以上のダメな理由を回避して、足元やふくらはぎを暖めることができるのが、レッグウォーマーなのです。

レッグウォーマーを選び方

レッグウォーマーを選ぶときのポイントは下記になります。

  • 締めつけが少ない、緩いタイプを選ぶ
  • 放湿性のあるシルク生地を選ぶ

注意してほしいのが、締めつけがキツめなレッグウォーマーもありますので、緩めなものを選んでください。
また、放湿性のあるシルクの生地が理想的です。

Amazonに、睡眠時の寒さ対策に適したレッグウォーマーが販売されています。
レッグウォーマーですが、手首に身に着けられるようですね。

興味がある人は、下記のリンクより確認してみてください。

さいごに

僕も数年前までは靴下を履いて寝ることがありました。
その時にレッグウォーマーを勧められて以來、冬場はレッグウォーマーを履いて寝ていて、暖かくて快適です。

寒くて眠れない方、靴下を履いて寝ている人がいましたら、この機会にレッグウォーマーを履いて寝てみてはいかがでしょうか。

平成最後の冬。
これからどんどん寒くなっていきますが、風邪を引かないように気をつけてください。

それではまた。

[最終更新日]

ライフハック

キャリアスマホを買うなら公式オンラインショップで!

ドコモ、au、ソフトバンクのスマホを買うなら、公式オンラインショップが一番おすすめです。

\ 公式ショップで確認 /