一人暮らしの食費の節約なら1日2食がおすすめ【料理の手間も減ります】

[最終更新日]

[最終更新日]

こんにちは、タストテンです。

『一人暮らしをしているけど食費を節約したい!何かいい方法ないの?』

そういった悩みに答えます。

一人暮らしをしていると、食費に限らず家賃や光熱費、通信費、雑費などの支払いを自分ですることになりますので、支出に敏感になりますよね。

家賃などの固定費に関してはともかく、食費などはある程度節約しようと思えばできます。

では、そんな一人暮らしの食費を節約したいときはどうすれば良いのでしょうか?

今回は、一人暮らしの食費の節約にスポットを当てて解説していきます

  • 一人暮らしを始めたい方
  • 一人暮らしをしている方

そういった方の、一人暮らしの生活に役立てれば幸いです。

結論を先に言いますと、一人暮らしの食費の節約は『1日2食生活』がおすすめです。

1食分の食費を節約しつつ、料理の手間も省けますよ。

詳しく解説していきますね。

この記事でわかる事

  • 一人暮らしの食費の節約方法がわかる
  • 節約方法に1日2食を勧める理由がわかる
  • 1日2食の効果、メリットがわかる

注意事項

以下に該当する人には、1日2食生活をおすすめできません。
詳細な理由については、『1日2食を5年間続けてわかった健康やダイエットのデメリット』を読んでいただけると幸いです。

  • 成長期の子供
  • 妊婦の方
  • 病気を患っている方
  • アスリートの方

一人暮らしの食費の節約なら1日2食がおすすめ

一人暮らしの食費の節約なら1日2食がおすすめ

一人暮らしの食費を節約したい!ということで、よくある『食費の節約方法』として下記が挙がりますよね。

  • お菓子やデザート、お酒を控える
  • 外食や弁当を控えて自炊する
  • 安い食材を使用して調理する

しかし今回、上記の節約方法ではなく、『1日2食による節約』を提案し、オススメします。

1日2食とは、本来1日3食の食事に対して1食分を抜くという食生活法です。

『なぜ一人暮らしの食費の節約方法として1日2食をオススメするのか?』という疑問を感じると思いますので、次の項で理由を解説しますね。

一人暮らしの食費の節約方法に1日2食を勧める理由は『1食分の食費と時間を節約できるから』

一人暮らしの食費の節約方法として1日2食を勧める理由は、『1食分の食費と時間を節約できるから』です。

1日2食にすることで、下記のメリットがあります。

  • 食費を節約できる
  • 1食分の料理の時間、食べる時間を節約できる
  • 頭が冴え、眠気を感じにくくなる
  • 体が軽く感じるようになる
  • ダイエット効果が見込める
  • 花粉症などのアレルギーが改善される
  • 体調を崩しにくくなる

僕も一人暮らしをして1日2食を5年以上継続していますが、上記の効果を実感しています。

先ほど挙げた1日2食のメリットの中で、今回特に注目すべきは下記の2点になります。

  • 食費を節約できる
  • 1食分の料理の時間、食べる時間を節約できる

1日2食で1食分を減らすことで、食費を節約しつつ、調理時間や食事時間を削減できるようになります。

一人暮らしをしていると、食費もさることながら、炊事や家事も負担になりますよね。

家族と暮らしている場合、自分ひとりだけ1食分抜いても、他の家族が食事を摂るなら節約効果はそれほど見込めません。

でも、一人暮らしは『自分の食事だけ考えればよい』ですよね。

そのため、一人暮らしと1日2食は、非常に相性が良いのです。

では、一人暮らしで1日2食にすると、どれぐらいの食費の節約効果が見込めるのでしょうか?

例えば、1日2食で1食分抜くと300円分節約できるとしますね(※300円は朝食代や、自炊した時の1食分と仮定しています)。

1日1食分を抜くと1日300円の節約、1ヶ月で9000円の節約、1年でなんと10万9500円もの節約になります。

塵も積もれば山となる、ですね。

また、調理時間や食事時間、片付け時間に関しても、1日2食でしたら1日で数十分の時間の節約効果が見込めます。

このように、食費の節約だけでなく、炊事などの時間や負担を減らすことができれば、かなりのメリットになりますよね。

安い食材を選んで自炊するのももちろん効果的ですが、自炊自体の手間や時間がかかり、負担になります。

そのため、今回は1日2食で一人暮らしの食費の節約方法をおすすめしました。

1日2食に関するメリットについては、詳しくは『1日2食を5年以上続けて感じたメリット7つ【時間と食費の節約効果】』でも書いていますので、興味がありましたら併せて読んでみてください。

あわせて読みたい

一人暮らしでも1日2食にすることで、健康にも気を使うことができます

一人暮らしでも1日2食にすることで、健康にも気を使うことができます

一人暮らしをしていると、どうしても健康面で不安を抱くことがあると思います。

1日2食にすることで、一人暮らしでも健康に気を使うことができます。

1日2食は、1食分抜くことで胃を長時間休めることができ、体の負担を減らす効果もあります。

僕は朝食抜きを5年以上続けていますが、夕食から昼食までの間まとまった食事を摂らなくなるため、胃の負担を軽減することができています。

朝は『排泄の時間』とも言われています。それなのに朝食を食べていたら、体に絶えず負担がかかり続けるのも頷けますよね。

そのため、僕は1日2食の朝食抜きをおすすめしています。

【疑問】1日2食って難しそうだけど、続けられるの?

1日2食が一人暮らしと相性が良いっていうのはわかったけど、1日2食って簡単なの?

普段1日3食の人にとって、いきなり2食にするのは難しいです。

そのため、まずは1食分抜くのではなく、少しずつ減らすようにしましょう。無理は厳禁です。

また、初めて1日2食をするのでしたら、朝食抜きをおすすめします。

1日2食の朝食抜きに関しては『【初心者向け】1日2食の朝食抜き生活を始めよう!【健康的に痩せる】』にわかりやすく解説していますので、興味がありましたら読んでみてください。

あわせて読みたい

【結論】一人暮らしで食費を節約するなら1日2食がおすすめです

一人暮らしで食費を節約するなら1日2食がおすすめです

結論になりますが、一人暮らしで食事を節約したいなら1日2食がおすすめです。

1日2食で1食分を浮かししつつ、自炊することでさらに節約効果が期待できますので、徹底的に節約したいのであれば併せて行いましょう。

ただし、1日2食は『無理しないこと』が重要になります。

1日2食に関する記事を下記にまとめましたので、興味のある人は読んでみてください。

[最終更新日]

▼ この記事をシェア ▼

\ iPhoneを公式サイトで確認 /

プロフィール

[記事を書いた人]タストテン

横浜育ちの"ハマ"っ子。
1日を充実するために早起きをして朝活に取り組んでいます。
文章を書くのが好きで、他にも本を読んだり美味しいものを食べたり、クロスバイクでサイクリングしたり、飼っている猫をモフったりするのが生きがいです。

人気記事POPULAR ARTICLES

  1. 2019年になってもiPhone SEを使っている理由6つ【買い替えは要検討】

    READ MORE

    2019年になってもiPhone SEを使っている理由6つ【買い替えは要検討】
  2. 5G未対応の新型iPhone 11を買うべきでない理由3つ【5G対応は2020年発売】

    READ MORE

    5G未対応の新型iPhone 11を買うべきでない理由3つ【5G対応は2020年発売】
  3. iOS 13でiPhone SEやiPhone 6sはアップデート対象に!iPhone 6以前は?

    READ MORE

    iOS 13でiPhone SEやiPhone 6sはアップデート対象に!iPhone 6以前は?
  4. 新型iPhone 11(XI)のリークや噂まとめ!発売日や予約開始は2019年のいつ?

    READ MORE

    新型iPhone 11(XI)のリークや噂まとめ!発売日や予約開始は2019年のいつ?
  5. 令和元年はいつから?平成31年はいつまで?公表と施行・改元は異なります

    READ MORE

    令和元年はいつから?平成31年はいつまで?公表と施行・改元は異なります
  6. iPhone SE 2の発売日やリーク最新情報まとめ。2020年春に発売する?

    READ MORE

    iPhone SE 2の発売日やリーク最新情報まとめ。2020年春に発売する?

特集記事SPECIAL ARTICLES

タグで探すTAG