logo

ライフハック

寝る前にやるといいこと6選!安眠は寝る前の習慣で決まります

[最終更新日]

寝る前にやるといいこと6選!安眠は寝る前の習慣で決まります

『寝る前の習慣が安眠に影響するって本当?寝る前にやるといいことを教えて!』

こんな悩みに答えます。

仕事や家事・育児・人間関係などで、ストレスや悩みごとなどを溜め込みがちではありませんか?

こうしたストレスや悩み、不安は、安眠の妨げとなり、眠れない原因となってしまいます。

入眠しても頭の中であれこれ悩んだり考え事をする人は、なかなか眠りにつけないのではないでしょうか。

安眠するためには、寝る前までにストレスなどを排除して、リラックスした状態で入眠する必要があります。

今回は安眠するために、『寝る前にやるといいこと』について解説していきますね

寝る前にやることを習慣化して、安眠できるようにしていきましょう。

寝る前にやるといいこと6選!安眠は睡眠する前の習慣で決まります

寝る前にやるといいこと6選!安眠は睡眠する前の習慣で決まります

高ストレス社会の現代では、仕事や家事・育児・人間関係などで、ストレスや悩みごとなどを溜め込んでしまいます。

こうしたストレスや悩み、不安などが安眠の妨げとなり、眠れない原因となってしまうのです。

入眠しても頭の中であれこれ悩んだり考え事をする人は、ストレスや不安、悩みなどが原因になりますね。

安眠するためには、寝る前までにストレスなどを排除して、リラックスした状態で入眠する必要があります。

安眠するための、『寝る前にやるといいこと』については下記になります。

  • 瞑想をする
  • ストレッチをする
  • リラックスできる音楽を聴く
  • アロマの香りでリラックスする
  • ぬるめの湯船に浸かる
  • 悩みや不安をノートに書き出す

それぞれ解説しますね。

瞑想をする【寝る前にやるといいこと1】

瞑想をする【寝る前にやるといいこと1】

寝る前にやることいいこととして、『瞑想』が挙げられます。

不安やストレス、興奮している状態ではなかなか眠れないので、気分を落ち着かせる必要があります。

気分を落ち着かせるには、『瞑想』が効果的。

※瞑想とは、目を閉じて、余計なことを考えずに思いにふけることをいいます。

寝る前に瞑想をすることで、下記のような効果を得られます。

  • リラックス効果がある
  • ストレスを緩和できる
  • 気持ちの整理ができる

上記のように、瞑想をすることで心がリラックスしたり、気持ちの整理ができたり、ストレスの緩和につながります。

瞑想は5分程度行うだけでも十分に効果的なので、寝る前にぜひ試してみてください。

※瞑想のやり方や詳しい効果については、『瞑想で集中力アップ!5分で簡単にできる瞑想のやり方【コツは呼吸を意識】』にまとめています。

ストレッチをする【寝る前にやるといいこと2】

ストレッチをする【寝る前にやるといいこと2】

寝る前にストレッチをすることで呼吸を整えて血行を良くし、不安やイライラ、興奮状態を抑えることができます。

ストレッチと同様に、ヨガやマッサージも効果的ですね。

安眠はリラックスした状態になることが必要なので、ストレッチなどで呼吸を整えて血行を良くし、心を落ち着かせましょう。

※ストレッチのやり方については、外部サイト『就寝前の実践でぐっすり眠れる! わずか5分の快眠ストレッチ(日経Gooday)』を参考にしてみてください。

リラックスできる音楽を聴く【寝る前にやるといいこと3】

リラックスできる音楽を聴く【寝る前にやるといいこと3】

リラックスできるスローテンポな音楽を聴くことで、不安やイライラを落ち着かせることができます。

リラックスできる音楽のおすすめは、下記になります。

  • ヒーリング効果(癒し系)のある曲
  • 自然音(ナチュラルサウンド)
  • クラシック

など、スローテンポな曲を選ぶのがよいですね。

自分に合った楽曲を探して、不安やイライラした状態から落ち着きましょう

アロマの香りでリラックスする【寝る前にやるといいこと4】

アロマの香りでリラックスする【寝る前にやるといいこと4】

アロマの香りを嗅ぐことで、不安やストレス、興奮を抑え、リラックスすることができます。

アロマテラピーの定番の香りである、『ラベンダー』がとくにおすすめですね。

寝る前にリラックスできる香りを嗅いで、落ち着いた状態で眠りにつくようにしましょう。

ぬるめの湯船に浸かる【寝る前にやるといいこと5】

寝る1時間以上前に、ぬるめの湯船(37℃~40℃弱)に浸かって、リラックス状態にしましょう。

体温より少し高いぐらいの、ぬるめのお湯(37℃~40℃弱)に15分ほど浸かることで、血行を良くするだけでなく、緊張をほぐすことができます。

溜まった疲れを癒やしつつ、リラックス状態にして、お風呂から上がって1時間ほどのタイミングで寝るようにしましょう。

※お風呂から上がってすぐに寝ようとすると、体温が高い状態になるため、寝付きが悪くなります。

寝付きを良くするには体温が下がった状態が望ましいため、寝る1時間前までにはお風呂から上がっておくようにしてください。

悩みや不安をノートに書き出す【寝る前にやるといいこと6】

悩みや不安をノートに書き出す【寝る前にやるといいこと6】

悩みや不安を溜め込んだ状態でいると、気になったり興奮して眠れなくなってしまいます。

そのため、頭の中にある悩みや不安を、ノートに書き出してみましょう。

ノートに書き出すことで、頭の中の漠然とした悩みや不安を可視化できるようになり、多少なりともスッキリできます。

順番などは気にせず、とにかく思いつく限りノートに書いてみてください。

書きつくしたら、そのノートは引き出しの中にでもしまいましょう。

これで頭の中でモヤモヤしていた悩みや不安が、ノートに『封印』されました

頭の中のモヤモヤをスッキリさせて、余計なことを考えることなく入眠するようにしましょう。

【まとめ】寝る前はリラックスして、余計なことを考えないようにしよう

寝る前はリラックスして、余計なことを考えないようにしよう

寝る前はリラックスして、余計なことを考えないようすることで、安眠につながります。

今回紹介したなかで、ぜひ1つでもよいので習慣化してみてください。

最後に、寝る前にやるといいことについて下記にまとめましたので、参考になれば幸いです。

寝る前にやるといいことまとめ

  • 瞑想をする
    ▶余計な思考を排除して、呼吸を整えることで、心を落ち着かせることができる
  • ストレッチをする
    ▶血行を良くしたり呼吸を整えることで、リラックスした状態になる。ヨガやマッサージも効果的
  • リラックスできる音楽を聴く
    ▶クラシックや自然音、癒やし系の楽曲やスローテンポな曲を聴くことで、リラックスできる
  • アロマの香りでリラックスする
    ▶ラベンダーなどのアロマの香りを嗅ぐことで、リラックスできる
  • ぬるめの湯船に浸かる
    ▶ぬるめの湯船(37℃~40℃弱)に15分ほど浸かることで、疲れを癒やし、血行を良くしてリラックスできる
  • 悩みや不安をノートに書き出す
    ▶頭の中のモヤモヤを書き出すことでスッキリして、心を落ち着かせることができる

※どうしても眠れなくて悩む人は、『眠れなくて悩んだら試してほしい5つの快眠方法【睡眠薬に頼らない】』も参考になるかもしれません。

[最終更新日]

ライフハック

キャリアスマホを買うなら公式オンラインショップで!

ドコモ、au、ソフトバンクのスマホを買うなら、公式オンラインショップが一番おすすめです。

\ 公式ショップで確認 /