logo

仕事・転職

仕事で知ったかぶりをしてませんか?特徴や改善方法を解説します

[最終更新日]

仕事で知ったかぶりをしてませんか?特徴や改善方法を解説します
仕事中、『知らないことを知られたくなかった』ので見栄を張ってしまった。知ったか振りを治したい

知らないことなのに、知っているかのように振る舞ってしまった経験ってありませんか?

知ったかぶりをくり返すと、相手に見抜かれてしまい、信頼を失ってしまうことも…。

そこで今回は、仕事で知ったかぶりをしてしまう悩みについて、原因や特徴、改善方法を解説していきます

この記事では、下記の流れで順番に解説していきますね。

  1. 知ったかぶりの概要
  2. 仕事で知ったかぶりをしてしまう人の特徴
  3. 仕事で知ったかぶりをしないための改善方法

仕事の知ったかぶり解決のお役に立てる内容なので、まずはご一読いただけると幸いです。

※仕事の悩みに関しては『『仕事ができる人になりたい!』という人に読んでほしい記事まとめ』も参考になるかもしれません。

【PR】MIIDASが転職すべきタイミングを見出します!

仕事で知ったかぶりをしてませんか?

仕事で知ったかぶりをしてませんか?

仕事中、『知らないことを知られたくなかった』ので見栄を張ってしまった。知ったか振りを治したい

冒頭でも少し触れましたが、『知らないことなのに、知っているかのように振る舞ってしまった』経験ってありませんか?

※知ったかぶり(知ったか振り)とは:知らないことなのに、知っているかのように振る舞うこと。知っている『フリ』をすること

似たような表現として、『知ったような口を利く』という言葉もあります

どんな人が仕事で知ったかぶりをしてしまうのか、知ったかぶりをする人の特徴を次の項で解説しますね。

仕事で知ったかぶりをしてしまう人の特徴

仕事で知ったかぶりをしてしまう人の特徴

下記のような例に当てはまる人は、仕事中に知ったかぶりをしてしまっています。

  • 入社したばかりの頃、『自分は仕事ができる人』だとアピールするために知らないことでも知っているふうを装った
  • 前に教わったことだけど、『忘れたと言い出せず』に、知っている振る舞いをした
  • 意味はよくわかっていないのにカタカナ言葉(ビジネス用語)を多用して、デキる人アピールをした

仕事で知ったかぶりをしてしまう人の特徴は、下記になります。

  • 自分を大きく見せたい(下に見られたくない)
  • プライドが高い
  • 強がり
  • 完璧主義
  • 自分に自信がない
  • 嫌われたくない
  • 頼られたい
  • 弱みを見せたくない

など。
上記の特徴は、基本的には下記の3つに分類できると思います。

  • プライドが高くて、自分を大きく見せたい
  • 怒られたくなくて、できないと言い出せない
  • 話を合わせたくて、知っている振る舞いをする

この3つの分類について、それぞれ解説しますね。

プライドが高くて、自分を大きく見せたい

仕事で知ったかぶりをしてしまう多くの原因が、『プライドが高い』からです。

  • 知らないと思われたら恥ずかしい
  • 知らないと馬鹿にされたらプライドに傷がつく
  • 弱みを見せたくない
  • 自分の威厳を保ちたい(下に見られたくない)

おおよそこのような感じですね。

たいして知らないことでも、知ったかぶりをして、「そんな事も知らないのか」と小馬鹿にするような発言をしてしまうことも。

プライドが高く、上から目線の会話になりやすいのが特徴です

怒られたくなくて、できないと言い出せない

仕事で知ったかぶりをしてしまう原因として、『怒られたくない』から、知っているふりをする人もいます。

  • 上司が怖くて怒られたくないから、知ってるふりをする
  • できないけど、言い出せないから知っている振る舞いをしてしまう

おおよそこのような感じですね。

上司が高圧的で怖い人だと、ちょっと知らなかったことでも『前に教えただろ!』と怒鳴られたくなく、萎縮してしまうことも。

失敗するのが怖い人や、上司など、周囲の人に怖い人がいるとなりやすいのが特徴です。

話を合わせたくて、知っている振る舞いをする

仕事で知ったかぶりをしてしまう原因として、『周囲との関係を保つために』知っているふりをする人もいます。

  • 話についていけなくて会話が途切れたくない
  • 話が合わなくてグループから孤立したくない・嫌われたくない

おおよそこのような感じですね。

仕事の話や日常的なことなど、知らなかったことで会話が途切れたくないがために、知っているふりをして話を合わせてしまうことも。

人間関係で孤立したくない、嫌われたくない人に多いのがこの特徴になります

仕事で知ったかぶりをしないための改善方法

仕事で知ったかぶりをしないための改善方法

仕事で知ったかぶりを続けてしまうと、相手に見抜かれてしまい、最悪の場合、信頼関係の崩壊を引き起こしてしまう可能性もあります。

そのため、知ったかぶりをせず、改善する必要があります。

仕事で知ったかぶりをしないための改善方法は主に、下記になります。

  • 人と比較しない
  • 知らないことを受け入れる
  • 自分に自信を持つ

それぞれ解説していきますね。

人と比較しない

プライドが高くて知ったかぶりをしてしまう人は、『人と比較しない』ことを意識しましょう。

人と比べると、自分を高く見せたいがために(or 人を下げるために)、知らないことでも知っている振る舞いをしてしまいます。

このような見栄を張っても相手から不快に感じられてしまい、人間関係に影響してきますし、信頼も築けません。

まずは人と比較しないことを意識して、等身大の自分を心がけていきましょう。

人を見下したりせず、同じ目線で話すのがポイントです

知らないことを受け入れる

仕事で知ったかぶりをしないためには、『知らないことを受け入れる』ようにしましょう。

知ったかぶりは、知らないことを馬鹿にされるのを恐れたり、嫌われないために、知らない話題でも知っている振る舞いをしてしまいます。

知らないことはを受け入れないと、人前で強がってしまったりして、相手からの信頼を失う恐れがあります。

「知らないから教えて!」と歩み寄るかたちにして、知らないことを受け入れるようにしましょう。

知らないことを受け入れることは、恥でも惨めでもありません。知らないことを受け入れない姿勢こそが恥であり、惨めになります

自分に自信を持つ

知ったかぶりは自分を偽るための行為であり、自分に自信がないから行います。

自分に自信がないと、知ったかぶりをして、等身大の自分を偽るようになります。

できないこと、わからないことを『できるふり・わかったふり』にしてしまうのは、仕事の失敗に繋がりますし、信頼関係を崩壊させる原因にもなります。

自信を持つには、行動することが何よりも大切です。

できないことを『できるフリ』にするのではなく、『できる』に変えていきましょう。
わからないことなら、調べたり聞くようにし、きちんと『わかる』ようにしてください。

自分を偽らず、行動していくことで、知ったかぶりを改善していけるようになります

【さいごに】知ったかぶりを続けると、信頼を失っていきます

【さいごに】知ったかぶりを続けると、信頼を失っていきます

知ったかぶりを続けると、信頼を失っていきます。

相手からすれば、知らないのに意地を張っているように見えますので、知ったかぶりがバレた段階で、信頼関係が失う可能性があります。

知らないこと・わからないことは素直に認め、調べたり人に聞くようにしていき、知ったかぶりを改善していきましょう。

※仕事の悩みに関しては『『仕事ができる人になりたい!』という人に読んでほしい記事まとめ』も参考になるかもしれません。

【PR】MIIDASが転職すべきタイミングを見出します!

[最終更新日]

仕事・転職

キャリアスマホを買うなら公式オンラインショップで!

ドコモ、au、ソフトバンクのスマホを買うなら、公式オンラインショップが一番おすすめです。

\ 公式ショップで確認 /