早起きする方法は?朝に何をしたいのかを意識しよう【目的を持つ】

[最終更新日]

[最終更新日]

『早起きしたいのですが、どうしても朝早く起きすることができません。どうすればいいですか?』

こんな悩みに答えます。

こんにちは、タストテンです。
朝起きれなかった僕が、今では150日以上早起きを継続することができました

早起きをしたくても、朝起きるのが苦手で起きれなくて悩んでいる人は多いですよね。

朝が苦手だった僕でも、『朝に何をするのか』を意識することで、早起きができるようになりました。

それでは、具体的に早起きする方法について解説していきますね。

※早起きのコツについては、『早起きのコツは2つだけ。『早寝と報告』です【100日以上続けた結論】』も併せて読んでみてください。

早起きする方法は?朝に何をしたいかを意識しよう

早起きする方法は?朝に何をしたいかを意識しよう

『早起きしたいのですが、どうしても朝早く起きすることができません。どうすればいいですか?』

冒頭でも少し触れましたが、早起きをしたくても、朝起きるのが苦手で起きれなくて悩んでいる人は多いですよね。

朝が苦手だった僕でも、『朝に何をするのか』を意識することで、早起きができるようになりました。

具体的には下記になります。

  • 起きた時に何をするのか具体的にする
  • アラームが鳴ったらすぐに起きあがり、ベッドから離れる
  • 早起きしたことを報告する
  • 早起きしたらご褒美をする

それぞれ解説しますね。

【早起きする方法その1】起きた時に何をするのか具体的にする

【早起きする方法その1】起きた時に何をするのか具体的にする

早起きをしたい理由は何でしょうか?

何かしらの理由があって、早起きをしたいのだと思います。

早起きをする理由の例

  • 仕事のため
  • 勉強したい
  • 弁当を作りたい
  • 犬の散歩をしたい
  • ゆっくり過ごしたい

など。
早起きするにも何をするのか具体的に決めていないと、意志が弱くなり、起きれなくなります。

早起きをする理由の具体例

  • 仕事のため
    →朝一番で会議があるから、資料を見直すために8時までに出社したい
  • 勉強したい
    →テストがあるから、テスト前の確認をするために早起きして勉強したい
  • 弁当を作りたい
    →7時には家を出てしまうため、6時までに朝食と弁当を作っておきたい
  • 犬の散歩をしたい
    →夜だと遅くなってしまうし、夜道は危険なため、早起きして散歩させてあげたい
  • ゆっくり過ごしたい
    →夜だと疲れて何もできないから、少しでも早く起きて、自分の時間を過ごしたい

ザックリですが、上記のように『より具体的な目的意識』を持つことで、起きたら何をすればいいのかわかり、早起きすることに明確な意味をもたせることができます。

目的を設定して、早起きをするための理由を明確化しましょう

※朝起きて何をするか明確でない人は、『朝起きて何をする?自身のパフォーマンスを高めて1日を充実させよう』も読んでみてください。

【早起きする方法その2】アラームが鳴ったらすぐに起きあがり、ベッドから離れる

【早起きする方法その2】アラームが鳴ったらすぐに起きあがり、ベッドから離れる

朝が弱い人だと、どうしても『あと5分…』といった感じで布団から出られないですよね。

そこでおすすめなのが、『アラームが鳴ったら考える暇も与えず、すぐに起き上がること』です。

遠くにアラームを置くのも良いですが、『目が覚めたらすぐに起き上がる』という習慣にすることで、無理矢理でも布団から出られるようになります。

習慣化すると余計な思考を排除できるので、『あと5分』とか、『眠いから起きたくない』といったことを考えることもなくなりますよ。

※習慣に関しては、『ルーティン化する方法と効果とは?【成功者になりたい人向け】』も併せて読んでみてください。

【早起きする方法その3】早起きしたことを報告する

【早起きする方法その3】早起きしたことを報告する

その2で、考える暇も与えずに起き上がることができました。

起き上がれたら、早起きできたことを報告しましょう。

報告は、家族に「おはよう」と伝えるのが良いですね。

このように報告すると、『もう寝れない』という思考が働きやすくなり、気持ちの切り替えにつながります。

また、『目が覚める→起き上がる→おはようとつたえる』という一連の流れができあがりますので、自然と習慣になっていきます。

もうひとつおすすめなのが、『Twitterで起きたことを報告(ツイート)すること』です。

これは僕が実践していることなのですが、朝起きて顔を洗ったりした後に、起きたことをツイートしています(下記ツイート参照)

Twitterでは早起きしている人が多く、『#早起きチャレンジ』などで検索すれば、たくさんの人が早起きの報告をしています。

朝が苦手で早起きできても三日坊主で続かなかった僕でも、毎朝Twitterで早起きの報告をしていったことで、今では150日以上早起きを継続することができるようになりました。

おはようツイートをする主な効果としては、下記になります。

  • 継続力が身につく
  • 他にもチャレンジしている人がいるので、モチベーションになる
  • 早起きをツイートすることで、習慣化できる
  • Twitterで気軽にコミュニケーションが取れる
  • 起きるための原動力になりえる

など。
仲の良いフォロワーさんがいれば、お互いにツイートで挨拶を交わすこともできますので、コミュニケーションにもなりますのでおすすめです。

【早起きする方法その4】早起きしたらご褒美をする

【早起きする方法その4】早起きしたらご褒美をする

早起きできたら、自分にちょっとしたご褒美をあげましょう。

例えば下記のような感じですね。

  • 本を読む
  • 趣味をする
  • 美味しいコーヒーを飲む
  • 朝食に好きなものを加える
  • 録画していたお気に入りの番組を観る
  • 運動好きなら、散歩したりジョギングする

など。
ちょっとしたご褒美が、早起きするためのモチベーションとなります。

ムチだけでなく、アメも与えることが継続する秘訣になりますので、ぜひ試してみてください

【まとめ】早起きするためには、目的を持つことが大事です

【まとめ】早起きするためには、目的を持つことが大事です

『何となく早起きしよう』だとおそらく長続きしませんので、早起きの目的をしっかり持つようにしましょう。

ちなみにあえて触れませんでしたが、睡眠時間を確保するのは前提です。

睡眠を確保できなければ早起き以前の問題なので、まずはきちんと寝るようにしてくださいね。

※睡眠についての詳細は、『眠気で集中力が続かない!睡眠時間と睡眠の質を確保しよう』も読んでみてください。

※早起きのコツについては、『早起きのコツは2つだけ。『早寝と報告』です【100日以上続けた結論】』も併せて読んでみてください。

※睡眠に悩む人は、『眠れなくて悩んだら試してほしい5つの快眠方法【睡眠薬に頼らない】』も読んでみてください。

【PR】【初回980円】ネムリスで夜ぐっすり、目覚めスッキリ!!

[最終更新日]

▼ この記事をシェア ▼

\ iPhoneを公式サイトで確認 /

プロフィール

[記事を書いた人]タストテン

横浜育ちの"ハマ"っ子。
1日を充実するために早起きをして朝活に取り組んでいます。
文章を書くのが好きで、他にも本を読んだり美味しいものを食べたり、クロスバイクでサイクリングしたり、飼っている猫をモフったりするのが生きがいです。

人気記事POPULAR ARTICLES

  1. 2019年になってもiPhone SEを使っている理由6つ【買い替えは要検討】

    READ MORE

    2019年になってもiPhone SEを使っている理由6つ【買い替えは要検討】
  2. 5G未対応の新型iPhone 11を買うべきでない理由3つ【5G対応は2020年発売】

    READ MORE

    5G未対応の新型iPhone 11を買うべきでない理由3つ【5G対応は2020年発売】
  3. iOS 13でiPhone SEやiPhone 6sはアップデート対象に!iPhone 6以前は?

    READ MORE

    iOS 13でiPhone SEやiPhone 6sはアップデート対象に!iPhone 6以前は?
  4. 新型iPhone 11(XI)のリークや噂まとめ!発売日や予約開始は2019年のいつ?

    READ MORE

    新型iPhone 11(XI)のリークや噂まとめ!発売日や予約開始は2019年のいつ?
  5. 令和元年はいつから?平成31年はいつまで?公表と施行・改元は異なります

    READ MORE

    令和元年はいつから?平成31年はいつまで?公表と施行・改元は異なります
  6. iPhone SE 2の発売日やリーク最新情報まとめ。2020年春に発売する?

    READ MORE

    iPhone SE 2の発売日やリーク最新情報まとめ。2020年春に発売する?

特集記事SPECIAL ARTICLES

タグで探すTAG